巨匠 ~小杉匠の作家生活~

青二才の頃の夢だった小説家。今頃になって何かに憑りつかれたかのように行動に移し始めました。そんな作家的日常を公開します!

一文字に賭ける想い

2017-07-15 21:15:08 | 
ちょっとした計算外だったね
惨めに乱れ、嫌になる結末
どうも壊れぽくなって不安に思うけど
ただの杞憂で済ませたい、本当に

何を疑うでも
誰に従うでもなく
僕らの人生は時に溶け込んでしまうけど
すべてが思い通りにいく物語なら予定調和
今なら間に合う、みんなでやり直そう

君が勇気を見せてくれたお返しに
明日の僕は勇敢で、精悍でいるよ
今までの軟弱な僕じゃないみたい
どこまで続くんだろう、僕らの人生
楽しみだってもちろんあるけど不安
温もりは誰にだって感じるけど
その温度差が肝心さ
もし君と同温なら夢みたい

君が見ている未来は僕とは違うけど
少しずつ少しずつ歩み寄りたいんだ
いつかは交差する人生を重ね合わせて
僕はこうして一文字一文字綴るたびに
今から起きる奇跡を感じずにはいられない

何の為にでも
誰の為にでもなく
そういう次元ではなく黙々と綴る
普段は感じ取れない何かを引き寄せるために
一文字に命をかける、それが僕だと思うんだ

僕の言葉は無価値でもゴミ屑以下でも
僕が僕で、君が君でいられればそれが本望
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« この街の空にアーチを描こう | トップ | 原点回帰 »

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL