巨匠 ~小杉匠の作家生活~

青二才の頃の夢だった小説家。今頃になって何かに憑りつかれたかのように行動に移し始めました。そんな作家的日常を公開します!

華麗なる飛翔

2016-12-13 21:00:00 | 
宇宙飛行
自由に空を舞う鳥のように
僕はこの手で未来を掴みたい
いつか夢見た宇宙飛行士
僕達が住む地球は何色なのか
目の前のハードルは限りなく高く
分厚い雲に隠され閉ざされた道
いったい君はどうやって乗り越えた
君の居場所は遥かなる遠い雲の上

決戦の日
終わりのない自分との勝負
ファイティングスピリッツ
強い心で闘い続けた日々も
いつかピュアな想い出に変わる
正しいことを正しいと言える勇気
僕は歪んだ社会に抗い続ける
この飽くなき無謀な挑戦の果てに
果てしなき未来航路が繋がっていると
僕は信じて、昇り行く朝日を見上げる

青天霹靂
空を覆い尽くす青の拡がり
澄み切った空気に身を委ね
思いがけぬ懐かしき君との再会
過去のしがらみなど何とでもなる
今この瞬間の僕が僕のすべて
目を逸らさず真っ直ぐ見てほしい
時代は過去を照らし出すけれど
君だけは変わらずにいてほしい
僕の夢が夢であり続けるために

憧憬の念
僕が描いてきた儚い夢の末路で
セレブレーション、君を祝おう
僕は心の底から君の幸福を祈る
君の存在は僕のデスティネーション
僕は君に憧れるこの星の放浪者
もしも君が自分に負けそうな時には
君の心を支え、守り抜く盾になろう
君は遥か僕の腕の届かぬところへ
あの空の果て、飛び立ってゆくがいい
どこまでも、どこまでも、果てしなく
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 人生への抵抗 | トップ | 季節が移ろうままに »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL