巨匠 ~小杉匠の作家生活~

青二才の頃の夢だった小説家。今頃になって何かに憑りつかれたかのように行動に移し始めました。そんな作家的日常を公開します!

この街の空にアーチを描こう

2017-07-15 18:52:16 | 
空色が毎秒毎秒変化していく
風のない街並みに人は溢れる
真実も虚構も突然やってくる
振り回す僕らへのサプライズ
地球が隕石に粉々にされても
力の拮抗はやむを得ないと思うんだ

僕は君を待っている
穏やかな笑みを湛えて
僕は君を待っている
揺るがぬ信念を持って

君を愛する資格を何年も追い続けて
辿り着いたのは結局「無」だったりする
目の前に聳えるビル群が霞み切って
僕らの夢を乗せた月明かりのアーチ
大きく螺旋状に乱れた僕らのキャリア
僕らは一体どこへ導かれるのだろう

この街にも風が吹くね
誰も彼もが自然だけど
心の奥に抱える弱さは
誰も見せやしないから

僕が赦してきた君達の数々の罪は
今やもう抑えきれなくなっている
誰かが僕の胸めがけて描いた弾道
彼の復讐という名の大正義の前に
万年亜流の僕らは敗れそうになる
まだ立ち向かえ、結果はこれから
君の行く末が虹色だと信じているから

この街の空にアーチを描こう
虹色の大きなアーチを
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 掌の中の太陽 | トップ | 一文字に賭ける想い »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL