巨匠 ~小杉匠の作家生活~

青二才の頃の夢だった小説家。今頃になって何かに憑りつかれたかのように行動に移し始めました。そんな作家的日常を公開します!

この世に文字がある限り

2017-05-16 16:26:37 | 
世界から文字が消えたなら
僕の気持ちはどう伝える
緑の木々が揺れる季節に
僕らは出会ったんだ

あれから20年が経って
時代の主役も変わったけど
今も昔も価値観は変わらない

僕が君を想う気持ちも
君が僕を想う気持ちも
このままであり続けてほしい

僕らの人生が出来損ないだとしても
愛すべき失敗を許してほしい

何かを始めるには勇気がいる世代
僕は君の後押しをするよ
思い切って飛び込めばいいんだ
君の人生はまだまだ続く
失敗が何度でも許される僕達

僕は君に手紙を綴る
この世に文字がある限り
僕と君は一心同体だから
手紙など必要ないかもしれないけど

遥か遠くで手を振る君
僕は長く伸びた影を踏み付けながら
君の元へ駆け出していく
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 夜空はいつでも最高密度の青色だ | トップ | 愛と言えるまで »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL