巨匠 ~小杉匠の作家生活~

青二才の頃の夢だった小説家。今頃になって何かに憑りつかれたかのように行動に移し始めました。そんな作家的日常を公開します!

自由の抹殺

2017-07-13 21:43:08 | 
荒れ果てて穢れた街角に立ち
君はどこへ行き、男を誑かすの
そんなタイトスカートじゃ
襲われたって自業自得だよ
でも目力が強めの君だから
周囲の視線を圧倒してしまう
破壊するのは気が楽だけど
これ以上の贅沢は許されないはず

もう二度と消え去ることはしないけど
何かを契ることはこれが最後にしたい
あなたに私の自由を分け与えたら
誰かの欲望が私を襲う、それだけ
誰かと一緒に暮らすのは苦痛だね
自由の喪失、諦めの感情
私の人生を縮めないで

ほんの僅かな可能性が潰える
互いに自由を使い果たしたからね

こんな静寂の中で何を求めて彷徨っているの
視線の奥には広い世界が横たわっているというのに
本当の夢は世界以上に広がって、膨らんで
知らず知らずに誰もが奪い合っちゃうよね
この果てが渋谷のスクランブルだとしても
落胆せずに、現実を受け止めよう
この僕が以前より強くなったのは
誰かの未来や運命を奪ったからかもね
強がりは決して悪いものじゃないから
君が頭上に見上げてる太陽を沈めて
地平線の果てまで琥珀色で染めたい
無意味に争って奪った自由を殺すくらい

私はこの星も運命も恨んでる
誰かみたいに純情なんて無縁だから
目を閉じて自画像を描いたら
誰かが子飼いにする太陽が悶えて
私には護る権利や欲望は湧いてこない
本当にあなたのことを思うなら
この愚かな空想や妄想を止めて
あなたの温もりを独り占めしたい
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 光合成 | トップ | 国王の絶望 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL