巨匠 ~小杉匠の作家生活~

売れない小説家上がりの詩人気取り
さて、次は何を綴ろうか
【連絡先】
cosgyshow@gmail.com

人生の最低到達地点

2017-10-15 22:01:51 | 
太陽と月を見比べて
君ならどちらを選ぶ?
なんて不毛な議論に
今宵は混ぜてもらおうか

たまにはバカになりたくなる
空気がシュルル抜けてくんだ

他人の苦しみなんて
わかりゃしないから
打てば響くと思って
ヒビ割った高価な壺

ボクの足跡とキミの葛藤
無関係な人を殺めて
未完成な人に生かされ
魂は野獣の食べ残し?

命って何なんだろうね
ちょいと哲学者気取り

あの頃に戻りたいなんて
チッポケな心で思っても
黙っているのが生の流儀
負のループから抜け出そう

所詮ボクはヒーローになり損ねたピエロ
ボクを殺してもナンボにもなりゃしない

1畳半の部屋から出直し
棺桶すら入りゃしないさ
窮屈さはボクの心の狭さ

一言でボクを形容してみな

最低、劣悪、強欲、薄情

クズをディスるのが苦手な君
誰かさんと同じく臆病者だね
蝉の抜け殻が並んでるよ
心を覗くのが怖いんだね

中身のないがらんどう
目を背けても無意味だね
僕の真の姿がここにある
さて、何を詰め込もうか

一番乗りが苦手と尻込みかい
一生そこで立ち止まるがいい
ボクはキミの決心を待たない
天を仰ぎ、この世界の真下に墜ちる!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

リングの切れ目

2017-10-15 01:43:54 | 
もう終わりだね
心の疼きなんて
誰にも見せないし
奇跡を信じてるんだ

ほんの少し、だけ

そろそろ思い出なんて
全部捨ててしまおうか
記憶に残る面影だけで
きっと暮らしていける

そう、信じてみたい

取り巻く夜風が冷たいね
じきに冬がやってきて
世界は年齢を増やすのさ
ひとつずつ、ひとつずつ

いつかは、切れるリング

円を描いてきたはずが
チョークが根元から折れた
どうにもならない授業は
先生のダミ声でベルが鳴る

あー、あー、人生は
思うままにはいかないね
あー、あー、あと何歩
進めばゴールへ着くんだろう

リングの切れ目はもう近い

まだ終わらない
心の疼きも消えないね
誰もがもがきながら
奇跡を信じてるのかな

ほんの少し、だけ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加