巨匠 ~小杉匠の作家生活~

売れない小説家上がりの詩人気取り
さて、次は何を綴ろうか
【連絡先】
cosgyshow@gmail.com

この世界を染め上げたい

2017-10-07 22:24:51 | 
陽が落ちる間もなく
夜の帳がやってきて
途方に暮れる人類達

気づくのが遅すぎる
畳み込むこの世の終わり
今日も終わる、果たして?

また会えるといいね、なんて惚けて
夢の中でもう一度出会って抱いて
消え去る運命の仮初めの泡沫

見せ合えぬ夢とお互い笑っても
溶け合う気持ちは消えやしない
僕のイズムは君達の意識の外へ

この広い宇宙の為に頑張る
喧騒は嫌いだ、静寂を愛す
君が一瞬見せた笑顔の儚さ
欲張りすぎな頑張り屋さん
肘杖から崩れ落ちる寝顔も
僕が生きる理由のすべてさ

伝播するサクソフォーンの音色
視界を覆い尽くす夜空の端から
一番星がもしこぼれ落ちたら
急いで我れ先に拾い上げようか
誰が善人かもう分らないんだ

善悪の基準を今更定めて
君を悪だというのなら
この世界に善なんて存在しない
そんな基準は誰もが不要だろう

揺れながら壊れゆく感情
僕はおそらく天性の異端
特定できない謎の部品が
きっと僕を僕たらしめる

僕の話はこの程度にして
無駄な生に固執する君達
主役はそうなんだと思うよ
僕は所詮この世界の脇役
料理にスパイスは必須だね

そこから空が見えるかい

透明な空気に色をつけよう
見たこともない優しく鮮やかな色を
コメント
この記事をはてなブックマークに追加