電車道

鉄道や昆虫などについて気ままに語ります。

電車道へようこそ!

当ブログ『電車道』にお越しいただき、ありがとうございます!

電車道とは…
廃線あとの道路・・・想い出を辿りながら新しくしていく喩え。
相撲で立会い一気に押し出すこと…目標に一直線に進む喩え。・・・でんしゃみち。
マナーと良心を持って鉄道を楽しむことをいう造語。・・・でんしゃどう。
大学院生になりました。

ナナシサンのHNはヤママユガ科の和名から。

ご意見・ご要望などは各記事へのコメントのほか、以下のメールアドレスへお願いします。
kousuke.tkk8500@gmail.com
相互リンクのご希望なども気軽にコメントください!!

このブログは以下2個のランキングに参加しています(右の2個は同じランキングです)。 是非、下のボタンから投票をお願いいたします。 別々のランキングですので、両方に投票いただければと思います。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他ペットブログ 蝶(チョウ)へ にほんブログ村 鉄道ブログへ
ちょくちょく更新してますので投票お願いします!!
あなたの投票が私の大学院生活へのヤル気につながります。
日頃のご愛読とご投票、ありがとうございます!おかげさまで日々有意義な生活を送っております。


↓↓ 最新記事はこの下に投稿されます。 ↓↓

遂に!くいしんぼう君リリース

2017-04-05 00:10:53 | 娯楽と作品
更新が長いこと空いてしまいました。
就活に論文執筆に塾講に、過剰に忙しい日々を送っております。

そのなかで、忙しければ忙しいほど違うことをしたくなるのが私。
寝る間も惜しんでイラスト描いてLINEスタンプを作っちゃいました!!!

筑駒生物部の昔の公式キャラクター「くいしんぼう君」です。
今の所属先では面白いと評判です。

このスタンプを世に出すまで大変な道のりでした。
寝る間も惜しんで1日2個ぐらいずつイラストを描いて、性的な表現、肌の露出が多い、要約すると下品とのことで3度のリジェクトを食らいました。
やっと、リリースに漕ぎ付くことができ、感無量です。

ここまでシュールなLINEスタンプは他にないと思います。
お友達などへの宣伝も大歓迎です!!ぜひぜひ!!


ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
このブログは以上2個のランキングに参加しています。
是非、上のボタンから投票をお願いいたします。
別々のランキングですので、両方に投票いただければと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

解けるスケート

2017-02-12 13:23:03 | 娯楽と作品
受験シーズンや柏キャンパスのサイエンスキャンプとかいう学部生を受け入れるイベントやらでバタバタと忙しく、更新が遅れましたが、先月末の29日に埼玉にある上サスケート場という天然氷のスケートリンクに行ってきました。

張り切って人を集める予定だったんだけども、スケートをやりたい人って意外に少なくて、枝さんとデート状態になってしまいました。



レンタカーで行ったんだけども、まず、駐車場がこんな。
面白いですねー(笑)


そして、少し歩くと非常にオープンな感じのスケート場が現れます。
なんか、東京から簡単に行けるようなところにあるスケート場じゃないみたい。


待合の椅子にも学校の廃品みたいのが使われてて不思議な感じ。


普通のスケート場にあるような競技用のスケートリンクと違って、初心者や子供を中心に椅子を手にして滑ることができます。


で、肝心の滑り心地なんですが・・・
いやーいい意味でも悪い意味でも新鮮。

まず、天然の氷だから、あんまりリンクが平らじゃないわけ。
不思議な感じだった。

あと、時期が遅めだったのもあって、ところどころ溶けてたのか、滑ってると「ズブズブー」って刃が沈む。
そして、防水のズボンを履いていない限り、転ぶと完全に「おもらし状態」になる・・・見てる分には面白いけど(笑)



昼食は、近くの名物なのか蕎麦があったのでそこで食事。
歯ごたえがあって喉ごしも良くて、非常に美味でした。


食後、またスケートリンクへ。
いよいよ氷がシャーベット状になってきたので、ひと滑りして撤退。

新鮮な体験でした。
競技用のリンク、天然リンク。
前者は平らで滑りやすいとか、後者は転びにくいとか、利点欠点はあるけれど、屋外リンクは楽しい、というのは共通していると思います。
屋外のスケート、行きたいなぁ。


ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
このブログは以上2個のランキングに参加しています。
是非、上のボタンから投票をお願いいたします。
別々のランキングですので、両方に投票いただければと思います。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

科学教育の機会均等について

2017-01-16 11:23:37 | いきものと科学
大水害、昆虫は生き残れたか 小4が研究、生命力に驚嘆

こちらの記事について思ったこと。


将来有望に思う一方で、両親が昆虫の研究畑出身というのは有利。
本人達の成果に水を差す意図ではなくて、それを運営・運用する人間に課題の提起をしておきたい。


自宅作業の課題って、代わりにやるようなことはしてないとしても(そういう親もいるけど)、例えばその道の研究者の親は商売人の親が出来るのとは全然違うアドバイスができる。
しかも小学生の自由研究って親と二人三脚というか、多かれ少なかれどこかに脚を運ぶとか、買う材料を選ぶとかだけでも、親の協力や判断が介入する。
この子の場合も、標本のラベルが印刷であることからして、不正とは思わないけれど、本人だけの力で完成させたものでないことは示唆される。

本人にとっては全く悪いことないし素晴らしいことなんだけど、こういう完成したものを提出するタイプの受賞歴って、もちろん業績としての評価は必要だけれど、単に本人だけの業績として判断するのは危険というか(むしろ私なんかは少子化や育児に課題の多い現代、地元の職人の親が伝統について小学校に呼ばれて話しにくるのと同じ感じで、単に学区・地域の人材バンクとして上下関係をつけないなら親としての業績判断もして良いぐらいと思うのだけど)、周りの運用する側が使い道に注意しないといけないと思う。

例えば受験の内申点が大幅に上がるとかになってくると、広く見渡したときに子供達の将来を拓くようで実は子供のうちから格差の固定化をすることになってしまう。
実力差の固定化ならまだ良いんだけれど、環境格差の固定化は私は看過できない。


私が小学生の低学年頃、もう20年近く前なのが驚きなのだけど、自由研究キットみたいのの創成期だったわけね。
夏休みの自由工作で、見覚えのあるキットの作品を提出した同級生が区か何かの最優秀賞を獲ったわけ。
当時のお偉いさんだから審査員は全員が買い物なんて行ったこともないような所謂「昭和の男」だったと思うんだけど(差別的な意図はなく旧態を表現するために敢えてジェンダーバイアスかけてます)、恐らくそれがキットである事に気付けなかったんだと思う。
キットの説明をしっかり読んで、その通りに作るというのは、小学校低学年では難しいことで素晴らしいけれど、工作の最優秀賞としては不適格だったと思う。
当時は内申点とかの将来に関わる評価の部分については何も思わなかったけど「こんなものかよ」って思ったよね。


ここ何年かは、例えばこの研究報告もそうだけれど(科学の芽自体は昔からあったけど)中高生で論文を出したり学会発表をしたり、テスト中心の学問からアカデミックな世界に子供達を入れることを積極的に行う創成期だと思う(そういう意味では生物学オリンピックみたいな科学五輪も時代遅れになってきてるかな、悲しい。)。
そのときも、同様な問題を考える必要がある。

大学入試センター試験が昨日であったけれど、入試でもこのような一発テスト式を旧態依然と見る向きがある。
確かにそれには同感だけれど、ならば中高生の業績をどうフェアに判断するのかは課題だと思う。

例えば教員の能力や学校と研究機関との繋がりが如実に出るし、地域格差も教育の質的な有利不利はもちろん遠征費用みたいな金銭的な部分まで及ぶし、理系分野でかつ遠征を伴うのであれば特に古い価値観の人の多い地方では親の協力の側面では女子が不利だったり、逆に最近は女子にだけ門戸が開かれてる実験講座が多くて最先端に触れられるかどうかは男女でも機会均等ではない。


少なくとも、今まで業績を判断してきた場、例えばポスト採用や就職などと同じ評価の仕方が必ずしも教育の場で適切とは思えない。
機会均等でないのは大人でも同じだけれど、機会均等になる権利が機会均等でないのは良くないというか、どんなに不利でも、どんなに遠回りでも、建前上は自分で稼いだお金で自己責任において平等な権利の下なんでもできる大人とは違うと思っている。
残念ながら、その答えを私は提言できないけれど。



ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
このブログは以上2個のランキングに参加しています。
是非、上のボタンから投票をお願いいたします。
別々のランキングですので、両方に投票いただければと思います。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

そうだ 京都、行こう。 ~番外編~

2017-01-08 18:00:30 | その他
そうだ 京都、行こう。 ~メイン編~
 から続きます。

思い立ってレンタカーを借りて12月23日夜に出発しの12月26日早朝帰りで、毎年の奄美大島でも一緒に活動している京大のクジャク同好会の知り合いの元に行ってきました。

実は車で行ったのは、京野菜フェスティバルやらがあるので、安く京野菜を買い込んで来ようと思ったからなんですけど。

ということで、聖護院大根2個、聖護院かぶら1個、赤かぶら?2個、九条ねぎ1束、その他もろもろを買い込んで、帰ってきました。


正月に向けて、自室で漬物にします。

【千枚漬け】

材料の数々。
聖護院かぶら、酢、砂糖、はちみつ、メープルシロップ、漬物用こんぶ
隠し味にもともとあったものを入れたのもあるけれど、なかなかの値段がしましたよ。。。


スライサーで聖護院かぶらをスライスします。


調味料を適当に調合して、パックしておしまい。
次の日には食べれるようになります。

4パックできたので、半分を実家にもっていきました。


【赤かぶらの浅漬け】

材料の数々。
赤かぶらの方は浅漬けの素を使わせてもらいました。


薄く皮をむいてスライスします。


葉を結んで、浅漬けの素に漬けます。


袋に押し込んでおしまい。



うーん、辛みが足りない。。。
味もすっきりしてない・・・
けど家族からは好評。

京都の人も並んで買う京漬物の「きたの」のやつをイメージしてたから、理想が高すぎたのかも(笑)



ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
このブログは以上2個のランキングに参加しています。
是非、上のボタンから投票をお願いいたします。
別々のランキングですので、両方に投票いただければと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今年もよろしくお願いいたします。

2017-01-07 13:18:46 | 娯楽と作品


毎年のことですが、7日になりましたので年賀状を公開します。
改めまして、今年もよろしくお願いいたします。

この年末年始は忙しく、こちらから年賀を送るのも御返事を出すのも進んでおらず、今のタイミングで年賀状を公開する意味を失いかけておりますが・・・
おかげさまで、充実した日々を送っております。

なかなかにブラックな研究室で(笑)、しかも思うように研究が進まない日々ではありますが、自分のやりたいテーマを設定させてもらい、遺伝子的に蝶の紋様をいじくっています。
自分の好きな題材で興味のままに設定したテーマで、潤沢な研究費を使って研究できる人は、特に学生においては、そうそういないのではないかと思って今の環境に感謝しております。

一方で、そろそろ就職のことも考えなくてはならない時期になり、5年も続けた塾講の仕事も終わりのことを考えなくてはいけない時期になりました。
失意の中で早稲田に進学し、生まれて初めて生活費のためにお金を稼ぐようになって、中島みゆきの「時代」を脳内で無限ループさせながら高田馬場の高架下を出勤のために歩いた春が昨日のことのように感じます。
しかし今はまた違う曲調の「時代」が流れ始めているような気がします。

修士の2年は本当に短いですね。
私は日々の言動や思考の割に将来については生真面目で、どうしてもレールを外れた思い切った生活や進路選択ができず、博士に進学する道を選択する勇気はありませんでした。
授業を休んでフィールドワークに出掛けたり海外に行ったりする思い切りのよい友人達をうらめしく思うようなことも良くありました。
最後に「いい学生時代だった」と思えるように残り1年、過ごしていきたいと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
このブログは以上2個のランキングに参加しています。
是非、上のボタンから投票をお願いいたします。
別々のランキングですので、両方に投票いただければと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

そうだ 京都、行こう。 ~メイン編~

2017-01-03 11:52:15 | 筑駒生物部,生物五輪,東大生研,みかみ部.
更新もだいぶ間が空いてしまいました。
年が明けましたが、今年もよろしくお願いいたします。
新年の挨拶は年賀状デザインの公開と合わせて、改めて1月7日に行いたいと思います。

何かをデザインする機会もめっきり少なくなりましたが、年賀状だけは今でも真面目にデザインしています・・・なんとか。
今年は分野を大きく変えて進学した関係もあって、充実した日々を送ってはいますが平日は夜中までラボに籠り土日は生活費を稼ぐ日々で殆ど休みなく多忙を極めており、年が明けてから実家でデザインをするという失態。


さて、前回更新の11月6日を最後に12月23日まで50日近く休みなくラボなり塾講なりで忙しい日々を過ごしておりましたが、ふと気づけばクリスマスが近づいていたわけですね。
しかも、気づいていなかったのですが今年は3連休・・・ということで、思い立ってレンタカーを借りて12月23日夜に出発しの12月26日早朝帰りで、毎年の奄美大島でも一緒に活動している京大のクジャク同好会の知り合いの元に行ってきました。

実は、昨年度、大学4年の思い出に馬鹿なことをしてみたいと考え、軽トラ日本一周という企画を考えていたのですが頓挫しており、それに近い企画として車を借りて京都に行くのもいいかなと思って・・・下道で夜通し13時間。
名古屋を通りたくなく徹底的に避けて遠回りをしたので、本当は10時間ぐらいで着いたかも知れませんが、東海廻りではなく甲信廻りで山梨⇒長野⇒岐阜⇒滋賀と経由してまいりました・・・まぁ山道多いのに給油なしで行けたから運転うまいんじゃね? (笑)
まぁ実は車で行ったのは、京野菜フェスティバルやらがあるので、安く京野菜を買い込んで来ようと思ったからなんですけど。


到着して1日目、クリスマスイブ。
朝から銀閣に観光に来るカップルがいっぱい(笑)

いろいろ連絡を取るのにゴタゴタありましたが、なんとか合流して貴船のサンショウウオを観察しに。


クリスマスで貴船神社に集まっている大量のホモサピを避けながら、さらに奥の人気無い渓流へ向かいました(笑)
まさかフィールドに出ることになるとは思っていなかったので、私だけペッタンコ靴を履いてて苦労しました・・・(ほかの人々は生活拠点が現地なので道具がある)


可愛いカエル。何ガエルだろう。


こいつが目当てのサンショウウオ。
2匹見つけられました。
既に春に向けて卵を持っているようで、おなかはパンパンでした。


午後は少し遠出して琵琶湖博物館へ。
普通に京都観光していてはなかなか行かない場所に行けてよかったです。

琵琶湖博物館は携帯の電池が切れカメラを忘れてしまったので写真がありません・・・
淡水ばかりの、しかし立派な水族館で、感心します。

ブラックバスやビワマス、ナマズなんかの天丼が食べられるので、もちろんいただきましたが、ブラックバスっておいしいんですね。
今度は別のを食べてみたいなと思っています。


その帰りに事件が・・・
今回、私が頼ったクジャク同好会で飼ってて、怪我の治療をしていたクジャクが亡くなった連絡が入りました。
よりによって私が行った時に、クリスマスに・・・


2日目、クリスマス。
現地の京野菜の大原朝市やら京野菜フェスティバルやらに参加。



朝市の様子。
あまり綺麗ではないけれど安価な京野菜を、現地の農家さんとかが直接売っている感じ。


名物の卵かけごはん。


高いんだけど、おいしい。
たまごはおいしい。


別の神社でやってる朝市。
京都って日曜日はこうやって割といつもどこかで朝市をやっているのだろうか。


そして、京野菜フェスティバル。
2日目だそうで、あんまり京野菜が残っていなかったのが残念。
ただ、こちらは大々的なイベントであることもあって、きれいな品質の京野菜が手に入る感じでした。

ショーだったり、試食だったりね。
トークのノリがバリバリ関西な感じだったので、東京から車で来ている人を想定してはなかったんだろうなとは思う。



こんな感じでいろいろ回って、夕方からクジャク同好会のシェアハウスでクリスマスパーティを。
私はこれが終わったら夜通し運転して帰るので、アルコールはなし。


帰りは途中から高速道路を使わせてもらいました・・・帰りも名古屋を避けようと思ったけれど、近い方が良いと思って東海廻りで。


行きは3目盛も残ったのに、帰りは高速で速度が出ていたからか朝4時の神奈川で30㎞と表示されたのを最後に残距離表示も消えるほどガソリンが少なく・・・いつ止まるかと泣きそうになりながら必死のエコ運転で柏まで帰還しました。
おかげで全く眠くなくなりました(笑)


戦利品・・・聖護院大根2個、聖護院かぶら1個、赤かぶら?2個、九条ねぎ1束、その他もろもろ。


そうだ 京都、行こう。 ~番外編~』へと続きます。



ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
このブログは以上2個のランキングに参加しています。
是非、上のボタンから投票をお願いいたします。
別々のランキングですので、両方に投票いただければと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

生活の記録

2016-11-06 20:52:13 | その他
随分と寒い季節になってきました。

今日は体調を崩し、ずっと部屋に居て寝込んで、考え事をしていました。
今の生活も、長いようで折り返し地点が近づいてきていて・・・
そこで、ちょっと今の自分の生活を記録しておこうと・・・



よく載せてる、私の一番気に入ってるコーナー。
少しずつ物が増えてゴチャゴチャになって、日中は空けてることが多いので埃を被り始めています(笑)


怪しいコーナー。
この夏、奄美大島で開運酒造の見学に行って、記念写真のラベルがついた「れんと」を頂きました。
春頃には水タバコとかいう嗜好品を新しく開拓しました。


おしゃれコーナー。
ティーポットはミントン、コーヒーカップとティーカップはノリタケなのでそれなりにこだわってます。

夏のあいだは飾りに徹していたこれらのセットも活躍する季節になってきました。
前より充実しています。


飛行機や電車の模型が置いてあったりします。
最近は遠征や旅行もなかなか行けないのでこれらを眺めながら寂しい限りです。



椅子がないことだけが残念なのだけど、相変わらず、研究室ライクな一角を用意しています。
季節は巡り、ミヤマクワガタは2匹とも死に、アリは最大12匹にまでなったものが今は一人っ子の母子家庭になっております。


実験台の下には食材やらワインやら衛生用品やらの雑品を詰め込んであります。



台所ちかくのラック。
最近は、涼しくなってきたので食中毒の心配はなくなったとみて、再び弁当を自分で作って持っていくようになりました。
一番下は洗濯カゴなので目を凝らしては見ないでいただきたい(笑)


靴は新しく買ったわけではないけれど、面倒で片付けないので大家族みたいになっています。
よく見るとみんな夏物っぽい感じだけど・・・(笑)



私のカワイイ食虫植物ちゃん達の生育も先細ってきました。
そろそろ室内に入れたほうがいいのだろうか・・・


と、いうことで、今回は自室の紹介でした。



ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
このブログは以上2個のランキングに参加しています。
是非、上のボタンから投票をお願いいたします。
別々のランキングですので、両方に投票いただければと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

海、火垂る。

2016-10-02 00:26:25 | 筑駒生物部,生物五輪,東大生研,みかみ部.
今年もウミホタル採集に行ってきました。
私の誕生日の翌日、9月24日から25日にかけて。

ウミホタルは持って帰ってきてもしかたがないので行くか行かないか、半分ぐらい迷ってたんだけども、さこの君からリクエストがあって。
彼には去年の6月に坊主で申し訳ないことをしてしまったので。

11時に柏でレンタカーを借りて、本郷とツインズへ参加者を拾いに行って、川崎まで下道で行ったあとアクアラインを通って木更津で降りて館山です。
今回は、奄美大島の過労運転で体力の衰えを感じたのと、夜中の運転や車中泊を伴うこと、何しろ誕生日の翌日を命日にしたくなかったので(笑)、午前中発という私らしからぬ超ゆとり行程を組んで、さらに柏で車を借りたのに数名には免許証のコピーを送ってもらって運転手登録をしてもらいました。
前日の誕生日は研究室同期が祝ってくれて夜に紹興酒を2本も飲んでたので、1人で柏から本郷やツインズに行った時がアルコールも疲労も抜けてたか怪しかったかも。



今年はゆとり行程だったので、初めて海ほたるパーキングに寄りました。
去年のウミホタル採集は、20時過ぎに池袋でミコさんを拾った後、アクアライン以外は全部下道なのに22時頃に現地に着いているような強行スケジュールとかだったので、そういう感じではありませんでした。


観光地価格みたいな感じだったけども、佐世保バーガーを。
これはジャンクフードというよりは料理ですね。
値段も。


今、話題のシンゴジラの足跡がありました。
これって近くで見なかったけど、何かを貼ってるだけなのかな。
さすがにタイルを張り替えてはないと思うけど。


アクアラインはこんなシールドを使って掘ったんですね。
ひとつひとつのギザギザは固定されていなくて、キコキコうごくようにできてるんです。
折れない工夫なのか、風化が進んでキコキコになったのかは知らないけど。


富津の巨大なイオンタウンにて本旅2度目のブレイク。
いやー本当にゆとり行程ですね。


サーティワンが入ってて、31%引きになってたので、みんなで食べましたよ。
私はとりあえず1番グロい色のやつと2番目にグロい色の奴を選んだ。
まぁそういうメンバーが集まってたんだけど、同じことを言って選んだ人が私と違うのを選んでてワロタww

ここで運転手交代、さこの君の運転でホームセンターとか寄りつつ館山へ。
たもしま君に鍛えられたのか知らないけど、普段のキャラと対照的にタイヤを鳴らすほど荒いんでびっくらこいたけど楽しかった。



ガソリンスタンドで私に交代してポイントの桟橋へ・・・この激難駐車も慣れたものです。
実は写真のすぐ右側にも縁石があるのでハンドルの切り直しなしでは入れられなくて、後輪を入れた後に右にハンドルを切って後輪側が歩道の内側に添うようにバックした後、そのまま下がると今度は前輪が縁石に乗ってしまうので左にハンドルを切って前輪が歩道の外側に沿うようにバックして、最後に右にハンドルを切って前輪を入れて駐車するんですが、去年の10月に続いて今回も一発で入りました(6月はそれなりに苦労した)。
ちなみに食事に出た後、雨で全くサイドミラーが全く見えなかったときに縁石に乗り上げたのは車に傷つかなったから内緒(笑)

結局、午前中に出た割に到着時間は前と大差ない感じでした(笑)
まぁ多少の雨が降ってしまったので、往路を楽しみながら行ったというのもありますけど。
ドライブを楽しんだ感じですね。



ウミホタルは採れました。
持ち帰りはしなくとも、海の中で自分のしかけが「ポッポッ」とぼんやり光っているのは癒されるものです。
気温も寒くもなく、風が心地よかったです。


きたうー氏がオススメしてたカニの仕掛けを作っている。
さこのファイヤーって感じに撮れた。


この感じ、ほんと魔法みたい。
だけど、残念ながらカニは採れませんでしたね。
桟橋から底がヘドロのところに投げて、それでも根掛かりしたので、よっぽど何もないところで使うタイプの仕掛けなのかしら。



夜は、いつも東京方面に少し行った冨浦の道の駅で車中泊してたんですが、前回はガラの悪いキャンピングカーとかが多かったので、今回は房総半島の先、野島埼の道の駅まで車を飛ばして寝ました。

安いクラスのコンパクトカーに大人5人が乗ってて女性??もいたので悪いと思い、私は運転席を譲るつもりで持ってきた寝袋を出して軒下で生まれて初めての野宿!!
もう1人野宿して車は3人なので、2人が運転席と助手席をリクライニングして、1人が後部座席に横になればちょうどいいかなと思ってたら、みんな元の席で寝てた(笑)
車中泊で後部座席の真ん中が埋まっている風景。。。


まぁ私は春合宿の沖縄旅行で車中泊の心地がよかったから車中泊は好きだったんだけど、複数人なら野宿のほうがいい気がしたわ。
平らで少しひんやりとしたコンクリの上で、気持ちのいい寝袋に入ってぐっすり寝て・・・翌朝のピンピン具合が違った(笑)

元々さこの君の寝起きが悪いのは知ってたので帰りは私一人かなと思ってたけど、予想以上に目覚めが良かったので現地4時半発でサクサクっと参加者全員を都合の良い駅とかまで送り届けて無事に柏に戻りました。
目覚めが良かったといっても、自室に帰ったら夜まで寝てたけどね(笑)

ウミホタルは持って帰ってきてないから物理的に得るものはなかったけれど、いい旅だった。



ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
このブログは以上2個のランキングに参加しています。
是非、上のボタンから投票をお願いいたします。
別々のランキングですので、両方に投票いただければと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あぁ、まみぃ ~3・4日目~

2016-09-29 22:22:22 | 筑駒生物部,生物五輪,東大生研,みかみ部.
こちらの記事から続きます。

今年も奄美大島に行ってきました。
3年目ということで、私にとって奄美大島は第三の故郷ぐらいの感じになっています。
去る8月28日-31日、例年より短めの滞在でした。

びっくりですね、気が付けば約1カ月がたってしまいました。


3日目は枝さんが東京へ脱出するということで、午前中は北部をかんたんにめぐって空港へ降ろし、代わりに新しい人を2人のせて戻り、開運酒造の見学へ行ってまいりました。



北部はまず、笠利崎灯台のほうへ。


きれいな海、秋を感じる風が吹いて、旅の終わりを感じました。
いや、まだ私は1泊するから結構あるんだけども。


潮風に吹かれながら、野生のソラマメ風の豆がたくましくなっていました。
中身がぜんぜんないけど。



今度は須野ダムの周囲を散策。
たまたま、車を運転してたらダムの近くに迷い込んで。


ちょっと見るぐらいのつもりだったけど予想外に大きなダムで、2時間ぐらいかかったか。


つぶらな瞳のキノボリトカゲもいたりして、ダム散策は正解だった。


そして、土産屋でアイスクリームを食べ大島紬なんかを見たあと、空港で枝さんとお別れ。
私たちは新入り2名を空港で乗せて、宿へ。


北端の岬から、午後は南端のほうにある宇検まで、酒造見学。


「れんと」で有名な開運酒造です。
音響熟成はちょっと胡散臭いけど(笑)

いろいろ良くしてもらいました。
けど、企業なので内部の写真は上げない方がいいかな。

この後、いろいろやらかしましたが、この夜にアマミノクロウサギを再度見に行って、奄美でのフィールドでの活動は終わりました。


翌日は街をうろうろして、レンタカーを返して、東京へ。


ありがとう、さようなら、マークⅡ。
出来れば来年も借りたい、いい車だった。


ということで、今年の奄美旅行も終わりました。



ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
このブログは以上2個のランキングに参加しています。
是非、上のボタンから投票をお願いいたします。
別々のランキングですので、両方に投票いただければと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あぁ、まみぃ ~2日目~

2016-09-25 17:55:41 | 筑駒生物部,生物五輪,東大生研,みかみ部.
こちらの記事から続きます。

今年も奄美大島に行ってきました。
3年目ということで、私にとって奄美大島は第三の故郷ぐらいの感じになっています。
去る8月28日-31日、例年より短めの滞在でした。

びっくりですね、気が付けば約1カ月がたってしまいました。



2日目の午前中は車で適当に移動しながらマングローブを散策しました。
こいつはマークⅡが一番格好良く撮れた1枚?


湿地帯にねっちねっちと入っていきます。
サンダルを買わないで行ったのはまずかった。


新しい靴をこんなにしてしまった。
でも、1カ月たっても綺麗になっていないことが良い余韻というかお土産になったかな。


広々としていてシオマネキなんかがいっぱいいましたね。


こんな感じで。
シオマネキは高校時代に生物部の合宿で沖縄本島に行った時に見た以来。
なんか懐かしかった。


肝心のマングローブはちょっとミニマムだったかも。


でも、ソフトシェルのガザミ?がいてラッキーでした。
どこにいるかわかります??

そういえば、ランカウイのソフトシェルクラブの揚げ物はおいしかった。
揚げ物にして食べたかったけども、油を使うのは敷居が高かった。



昼は、先に撤退する同行者に鶏飯が食べたい人がいたので鶏飯を。


そして午後、自然観察の森へ。
ほんとうに廃れてるんだけど、なんか楽しいから行きたくなる。
展示している自然よりも展示以外の自然が豊か(笑)


シンプルながらインパクトのある看板。すき。


モンキアゲハがいた。
珍しい蝶でもないけど。


アブラゼミですな。
セミって、あれだけ長い期間を土中で過ごすうえ、幼虫が寄生する樹種もバラバラのはずなのに、なぜ大きさが揃うのだろう。
生育に関する不確定要素はかなり大きい生物だと思うのだけど、セミの巨大個体とか矮小個体とかって見ないじゃん?

今年の自然観察の森はちょっと見られた生き物はすくなかったかな。
鳥も全然みなかったし。



夜はアマミイシカワガエルを観察してきました。
疲労もしてたのでポイントに出向いてサクサクっと写真を撮って帰ってきました。


あぁ、まみぃ ~3・4日目~ に続きます。



ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
このブログは以上2個のランキングに参加しています。
是非、上のボタンから投票をお願いいたします。
別々のランキングですので、両方に投票いただければと思います。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加