鯉太郎のウィークエンド・シェフブログ Koitaro's Weekend Chef Blog

カープファンなので鯉太郎。釣りバカ日誌ではありません。オヤジの週末料理の他、趣味の自転車、旅行、ランチ、カープなど。

元カープ 広瀬純と一緒に会食してきました!! 銀座tau 広島県イベント

2017年03月25日 | カープ

「魅力ある建築物創造事業」情報発信イベント!「廣瀬純×仙田満トークセッション&パネル展示会 inTAU」

こちらのイベントに参加できる50名に選ばれ、銀座にある広島県のブランドショップtauに行ってきました。

tauの2会にはお好み焼き屋さんと、カップグッズのコーナー、お酒、熊野筆が販売されています。

広島県土木建築局営繕課が主催するイベントで、「ひろしま たてものがたり」という取り組みの中、マツダスタジアムの設計者 仙田満さんと、昨年で16年の現役を終えた広瀬純元選手によるトークイベントです。

イベントは18:30から開始され、前半はトークセッション、20時からは交流会が予定されていました。交流会参加費として一人2,000円支払います。

トークイベント会場。席に番号が振られていて私は15番でしたので前から3列目でした。

マツダスタジアムの設計に関するプレゼンを挟み、仙田さんと広瀬さんとのトークは設計者と使用する選手という関係から、マツダスタジアムが選手にも観客にも優しく楽しいスタジアムであるというが、よくわかりました。

先生はスタジアムを作るにあたり、研究テーマでもある子供の遊び場作りという視点で、「回遊性」と「多様性」をコンセプトとして掲げ作られたとおっしゃっていました。

球場を一周できて開放感あふれるコンコース、300席ある車いす席、駅から続く道からのスロープ、寝ソベリアなど楽しい座席等、こだわりを持って作られたことが、裏話を交え聞けて大変有意義でした。

 仙田満先生と一緒に

交流会は広瀬さんの乾杯から始まりました。

まさか広瀬と一緒にビールが飲めるとは。それもビールを注いでくれるなんて感激です。

下の手は私の手です。持つ手が若干震えてます。

普段この3階は瀬戸内イタリアンレストランなので、料理は美味しいです。左はタコとジャガイモのガルシア風でしょうか。右は瀬戸内の小魚とエビのフリッタ。

サイン会と撮影会 

トレードマークの敬礼ポーズで記念撮影。超感激です。

4月12日に発売予定の初の著書だそうです。こちらも楽しみです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

居酒屋 船橋 三百宴

2017年03月20日 | 食べ歩き

船橋の居酒屋 三百宴という、三百円のつまみが主体のお店。
夕方4時過ぎに到着、生ビールにハイボール、酸味の効いたレモンサワー、そして写真のつまみを頂きました。
味も良くコスパよし!







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

つるっとさっぱり 土井善晴先生のささみワンタン 

2017年03月20日 | その他料理

TV朝日おかずのクッキング 土井善晴先生のレシピ。 とても想像できない鶏ささみをワンタンに見立てるという面白く、簡単な料理です。

 

◆◆レシピ(二人分)◆◆

材料

  • 鶏ささみ 6枚
  • 片栗粉:適量

 タレ

  • 青ネギ:適量
  • 生姜:適量(すりおろし)
  • 豆板醤:適量
  • 醤油:適量
  • 黒酢:適量(オリジナルには無い)

作り方

鶏ささみに片栗粉を振って包丁の背でたたいて伸ばします。二つ折り、三つ折りにして、更にたたきます。

沸騰したお湯に入れたら、ぐつぐつ煮込まず静かになるよう火を調整して数分煮込みます。浮き上がってくると出来上がりです。

どんぶりに湯を入れてその中に移します。

味付けはないので、醤油、青ネギ、すりおろし生姜、豆板醤で食べます。私はこれに黒酢を足しました。一気に中華風になってこちらも美味しいです。この料理、ささ身がつるっと、もちっとした食感はとても面白く、今までに無い食感です。週末など食べ過ぎた次の日にはもってこいの料理です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ギリシャ風 ラム肉のミートボール(Greek Lamb meatboalls) と鯛のカルパッチョ

2017年03月12日 | その他料理

大好きなラム肉を使ったミートボール。前回作ったラム肉団子と違い、海外のサイトでLamb meatballで検索するとGreek Lamb meatboalls というのが出てきました。今回はこちらのレシピで作ることにしました。

特徴は肉団子に結構多めのパルミジャーノチーズを使い、またハーブを入れるところ。あと香辛料にクミンではなくオールスパイスを使い、トマトソースにはシナモンを使います。

◆◆レシピ◆◆

<材料>

  • ラム肉ミンチ:500g 焼き肉用をフードプロセッサーでミンチに
  • パン粉:2/3カップ
  • パルミジャーノチーズ:2/3カップ(私はカップ1/3程度に減らしました)
  • オレガノ:大さじ2(私は乾燥ミックハーブを使用)
  • 卵:1個
  • オリーブオイル:適量
  • 玉ねぎ:1個 みじん切り
  • ベイリーフ(月桂樹の葉):1枚
  • 赤ワイン:1/3カップ
  • 角切りトマト缶:400g(1缶)
  • 砕いたシナモン:小さじ1/2(私は粉を使用)
  • オールスパイス:小さじ1
  • (塩、黒コショウ:適量)
  • ミント:少量

<作り方>

  1. ミンチ、パン粉、パルミジャーノ、オレガノ、卵をボウルに入れ混ぜて団子状にする。(レシピでは塩、胡椒の記載はありませんでしたが、チーズを少な目にしたので小さじ1程度、黒コショウ少々を入れました)
  2. フライパンにオリーブオイルをひき、団子を転がしながら5分程度焼き、焼き色を付ける。
  3. 一旦団子をボール等に取り出す。取り出したフライパンに玉ねぎとベイリーフを入れ色づくまで炒める。
  4. 団子をフライパンに入れ、赤ワインを入れ、沸騰させてアルコールを飛ばす。トマト(缶)、シナモン、オールスパイスを加え。弱火にして6~7分程度煮込んで器に移し、ミントの葉をのせれば完成。

感想:この料理にミントはよく合います。ハーブミックスの量(大さじ2)は少し多過ぎるかも。ハーブの香りが強すぎる。団子の中に結構な量ののパルミジャーノが入っているがチーズの甘い香りがいい感じ。ただ、フードプロセッサーで肉を細かくひきすぎたせいか、食感が少し練り物のようなところが少し残念でした。ラム肉に合わせるのは当然、濃いめの赤ワインですが、今回のカベルネは少し軽すぎた。濃いめの赤が合うので次回はシラー系に合わせたいと思います。

もう一品 鯛のカルパッチョ

本日の赤

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

自宅でタイ料理(テイクアウト)6種を美味しくいただきました~ 北習志野メイサイストアー

2017年03月05日 | タイ料理

この日は奥様の誕生日、北習志野にあるタイ料理店 メイサイストアーのタイ料理6種をテイクアウトして自宅で楽しみました。

メイサイストアーはオープンした頃から知っていますが、今や食べログでも高得点の有名店になっています。

今回注文したのは、奥様のお気に入りの料理、センヤイ・パッキーマオ、センヤイ・パッシーユー、トート・マンプラー、トートマングーン、パッカナー・ムートード、唯一私の注文ガパオライスの6品です。

テイクアウトだとこんな弁当箱の器に盛られて渡されます。金額は一品あたりだいたい850円~950円です。

それを皿に移します。

ビールは去年のタイ旅行で買って来た、ビアリオ。タイではいつもリオばかり飲んでます。

センヤイ・パッキーマオ 

この料理、酔っ払い炒め麺と言われ、酔っ払いも目が覚める程辛いので、とか。実際結構な辛さですが病みつきになります。麺はコメの幅広麺センヤイが使ってますが、タイでは生麺を使うのでもちっとした食感がとても美味しいのです。このお店では魚介をふんだんに使い豪華な麺料理になっています。辛いですがとておも美味しいです。

センヤイ・パッシーユー

こちらは先の料理の辛くない版というかパッシーユーとは醤油炒めのことで、こちらも幅広のセンヤイの麺で、青菜と豚肉が使われています。

トート・マンプラー 

これは定番のタイ料理、魚のすり身の揚げ物で、中にプリッキーヌ(青唐辛子)こぶみかんの葉が入っていて辛さと、柑橘系の爽やかさが特徴です。自家製ですり身を作ると中に小骨が入っていてこれがまた美味しいのですが、市販と思われるすり身を使っているのか、練り物系を感させ、少し残念です。青い葉っぱはホーリーバジルの素揚げです。

トートマングーン
これもマンプラーと同様有名なタイ料理、エビのすり身の揚げたものです。これも店によりすり身の作り方、そして衣の違いに特徴が出ますが、すり身は多少エビの触感が残っていて美味しいです、衣は細かいパン粉を使っていてサクッと触感もなかなかです。ただエビが高いのか量は少な目です。

パッカナー・ムートード
これもタイに行くと必ず注文する奥様の大好きな料理の一つ、カナーという歯ごたえのある青菜と揚げ豚肉の炒め物。豚肉のボリュームとさっぱりとしたカナーは触感、味のバランスがとてもよく私も大好きな料理です。

最後に今や日本でも知らない人はいないほど有名なパッガパオ、通称ガパオです。ガパオは使うミンチが鶏、豚とありますが、鶏のミンチを使っています。味は少し濃いめで私の好みの味です。タイでもよく食べたりしますが、この店のガパオは本当に美味しいと思います。

食後の赤

コメント
この記事をはてなブックマークに追加