goo

1719話 体感「光陰矢の如し」 

残暑続くも 暦では10月入り。早速 「年賀状の予約」「お節料理の予約」等始まる。追い立てられている感じ。「時の経過感は 年齢に 比例する」以前に 取り上げたことがある。この説によれば 成人ころに比べると 現状は 当時の4倍のスピードで 時の経過を 感じていることに、 まさに 光陰矢の如しを 痛切に体感している。

このままだと 今年は 秋の爽やかさは ないのでは、暑さに加え 台風発生多く 多雨等で 野菜 果物の収穫も心配されている。今朝ウォーキング、暗闇のなか ペンライトを点け すこし心配しながら歩いてきた。

このような10月入りも 嬉しいことも、Sさんより 今年も 好物の富有柿届く。暑さで 枯れたかと思った鉢植え 葉サンショウ 元気に再生。 猛暑 高温 亀太郎 元気に頑張った。

 

 

光陰矢の如し」 対訳  time Flies like an arrow; time and tide wait for no man

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 1718話 手づ... 1720話 「マ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。