人生、後悔のない航海へ!(コーチ・らしんばん)   “らしんばん”を手に望む人生を引き寄せましょう

人生はゲームです。ルールを決めるのはあなた。ルール(羅針盤)を手に、真っ白なカンバスにどんな絵を描きますか。

「今、何をするべきか」いつも考えなさい

2018年01月09日 | コーチング

「今、何をするべきか」いつも考えなさい

何かをやりとげようとしてもがいている。

壁にぶつかっている。

「つらいなあ~」と感じている。

どうすればいいのだろう。

なにをして良いのか分からない。


そういうとき、私のコーチングの師匠、
マイケル・ボルダックの言葉を思い出します。

「質問をする」
「問いかけをする」


例えば、
「より良いコーチングをするには、どうしたらよいのだろう。」

「今、私に不足しているものは何。」

と自分に質問すること。


気分転換も良いです。

 散歩

 ストレッチ

 私はあまりしませんが、
 瞑想

身体を動かしたり、身体をリラックスさせると、不思議なことに、
今までのモヤモヤが消えて、新しいアイディアが生まれてきます。

いつもいつも、良いアイディアが直ぐに生まれるわけではありま
せんが、不思議と落ち着いた気持ちになります。


「今、何をするべきか」を考える。

私に一番必要なものは何か?
私にかけているものは何か?

ウジウジしている暇があったら、行動すること。



今日も素敵な一日となりますように。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

出来ない、やらない部下(社員)が 生き生きと働く社員になるセミナー

2018年01月08日 | セミナー案内
出来ない、やらない部下(社員)が 生き生きと働く社員になるセミナー

明るく仕事に前向きな社員とともに、組織や会社の未来、
そして社員の将来を語り合えたら素敵ですよね。


巷では、
ワーク・ライフ・バランスという言葉が叫ばれているようです。

あなたはこんな疑問を持ったことはありませんか。
なぜ、あの人はいつも生き生きと仕事をしているのだろう。

なぜ、あの人はいつもやる気がないのだろう。

会社では、
人の話を聞かない。

報告、連絡、相談もできない。

やる気のあるリーダーを育てたい!
エッ、リーダーや管理職などまっぴらごめん?

仕事が出来ると思って採用したのに、
 ミスばかりする
 文句ばかりを言う
そのくせ、“早く仕事を任せて欲しい”といってくる。

もっと、積極的に仕事をする社員を採用したい。


う~ん
私の伝え方が悪いのだろうか?
私のマネジメント力不足なのだろうか?
結果、職場の環境が悪いのだろうか?

いえいえ、そんなことはありません。
けっして、あなたのマネジメント・スキルが
不足しているわけではありません。

もちろん、社員の能力にも問題がありません。


あることをほんの少し意識するだけで良いのです。

・空白を嫌う脳
・人はそれぞれマップが違う(思考抽象度の違い)
・人はユニークな価値観を持っている


この3つを意識するだけで、あなた自身、そして
あなたの部下や社員さんが変わります。


このセミナーお話することは、
①人はユニークな価値観をもっている
  人は物事に対する独自の認識や判断、行動の基準がある
②人それぞれマップが違う
  人は環境や習慣、文化によって持っているマップが異なる
③脳は空白を嫌う 
  脳は空白を埋めようとする(考える)  
④なぜ出来ないのか
⑤教えるということ
⑥叱るということ
⑦仕事の意欲を高める目標設定

このセミナーでの学びが、部下を次のステージへ引き上げると同時に、
あなたも次のステージへ立つステップにしてください。


受講対象の方
(どなたでも受講できます。)
部下をお持ちの方はもちろん、
仕事に対して今ひとつ身が入らない方も歓迎します。

-------------------
日 時: 2月17日(土)9時30分~12時
            (9時10分開場)
場 所: 東京エレクトロンホール宮城
              503教養室
     〒980-0803 仙台市青葉区国分町3-3-7
受講費: 3,000円 当日会場にてお支払いください

申し込みはこちらから>>>
 
お問い合わせはこちら>>>
 

定 員: 10名


持ち物:筆記用具をご持参下さい。


講 師  佐 藤 好 彦




人材育成 マネジメント リーダーシップ やる気 価値観
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「自分自身の決断で全てやる」 と決めなさい

2018年01月06日 | コーチング
自分自身の決断で全てやる」 と決めなさい

あなたが何かをやろうとするときに、誰かに相談したとします。

「出来もしないことを・・・」
「本当にやるの、やれるの???」

「誰のために言っていると思っているの!」
「誰のためでもない、あなたのためを思って言っているの!」

このようなことを言って下さる方に心当たりはありますか。

あなたのご両親、上司や同僚、友達の場合もあるでしょう。。。

でも、彼らは、
本当にあなたのことを思っていってくれているのでしょうか。

もしかしたら、あなたにアドバイスをしているその人、本人のた
めに言っているのではないでしょうか。

アナタがやろうとしていることが、自分には経験したことがない、
見たことも聞いたこともないようなこと。

これに対して、「やってごらん」と勧める方はそうそういないと
思います。

自分は絶対にしない。自分には出来ない。

万が一できたとしても・・・、いつになることやら。

夢みたいなことを言っているんじゃありません。
現実を見てみなさい。世の中そんなものじゃありません。

と言われそうですね。


「やる」「やらない」の決断は自分自身に委ねられています

と言っている先から・・・。

「やめろ!できっこねえから。」

一方で、人生、決断の連続だ! と言われる。

「誰かに言われたからやる」ということは、
上手くいかなかったとき、必ず誰かのせいにしますよね。

そこには、あなた(自分)がいないことになりませんか。

何かをやると決断する。

これには、「一度でうまくいかないこともある」
ということを勘案してやる。

つまり、上手くいかなかったら、次の手を打つ準備をしている


元プロ野球選手の奥村 武博さんが公認会計士になりました。
書籍も出版されているようですね。
私、彼の努力もさることながら、
彼に諦めないでチャレンジする道を歩ませた、奥様が素敵だなと
思いました。

彼女は奥村さんの素晴らしいコーチです。

だって、やめろ、できっこねえから・・・というどころか。
本当に諦めるの?それでいいの??
と突き放したそうですよ。


さあ、新しい年、どんな一年しますか。
そういえば、私、まだ、今年の計画を立てていない!! (@@;)

お読みいただき、ありがとうございます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

過去の延長線上ではなく 未来の可能性に生きる

2017年12月16日 | コーチング
過去の延長線上ではなく 未来の可能性に生きる

このことばですが、有名どころの方が、
ブログに書籍に書いているのですね。

私が学んだU理論で説明しているブログもあります。 (^^ゞ

さて、本題です。

親の期待は、・・・。
いい大学へ行って、いい会社へ = エリート

これは、親の過去の成功体験を踏襲しています。
若しくは、身近の誰かの成功体験。

前回はこれでうまくいった、今度も同じやり方でうまくいくはず。

世の中変わっているのに、今度も全く同じやり方が通用する?

反対に、上手くいかなかった過去の延長線上に、
未来があると思ったとしたら・・・。

悲しくなりませんか。

今までもいいことがなかった、
これからもいいことなんてありはしない。

いつも失敗ばかり、今度も失敗しそう。

本当にそうなのでしょうか?


私のコーチングの師匠であるマイケル・ボルダックはいいます。

失敗なんてないんだ。あるのはフィードバックだけだ。

失敗とはあきらめること。

うまくいかなかったら、「なぜうまくいかなかったのか」と質問
をする。

そして、次にチャレンジするときには、どうすればよいのかを考
えること。

毎度毎度、同じことを繰り返していれば、何度も上手くいかない
でしょう。

そこで、今までやっていたやり方を変えてみる。
このやり方がうまくいかなかったら、また、変えてみる。

同様に、上手くいった場合には、なぜうまくいったのか。
と問うことも大切になります。

過去、上手くいかなかったこと、上手くいったことにとらわれる
ことなく、必ずできることを信じてチャレンジすることが大切な
のです。


大丈夫ですよ、あなただったらきっと出来ますよ



今日も素敵な一日となりますように。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

やる気が出ないこと(仕事)に積極的に取り組むことが出来るようになるセミナーのご案内です

2017年12月14日 | セミナー案内
やる気がでないあなた、あなたの部下、そして社員のやる気度アップ・セミナー
~併せて、人生とキャリアを棚卸ししよう~

なんと欲張りなセミナーだこと (@@;)


あなたは
こんなことを思ったり、感じたりしたことはありませんか。

なぜ、あの人はいつも生き生きと仕事をしているのだろう。
なぜ、あの人はいつもやる気がないのだろう。

やる気のあるリーダーを育てたい!
エッ、リーダーや管理職などまっぴらごめん?
もっと、積極的に仕事をする社員を採用したい。

このまま、歳を重ねて良いのだろうか
私は何をしたかったのだろう
私は何を達成したのだろう
夢はあるけれど、達成する自信がない
自分らしく生きるとは
何をすれば良いのだろう

あなたの欲しいものはなんですか?
あなたの望みは?

同じことが、あなたの会社の社員さんにも言えませんか。

ところで、やるき【遣る気】とは、大辞林では、
「物事をやりとげようとする積極的な気持ち」と言っています。
やる気がない、やる気がでないということは、仕事を積極的に行
う目的がわからないということです。

人生や仕事をゲームに喩えて見ましょう。

あなたは他人が作ったルールでゲームをしますか。
それとも、自分が作ったルールでゲームをしますか。

どちらのルールがゲームを進めやすいでしょう。

ここでいうゲームのルールをあなたの大切にしていることやもの
つまり“価値観”ととらえてみましょう。

価値観とは、私たちの物事に対する認識、判断、行動の基準とな
るものです。

やりたいこと、好きなことをするのに、他人の命令やニンジン
(インセンティブ)は必要ありません。

あなたは、価値観に合致しているものに対しては、好きとか良い
(もの)といったポジティブな反応を示します。一方、合致して
いないものに対しては、嫌い、拒否、避けるといったネガティブ
な反応を示します。

自分らしく生きるとは、自分の価値観に沿って生きることです。
あなたの“価値観”が人生を、運命を決めます。

ということは、“価値観”が仕事の重要性を決めるのです。
仕事が自分の価値観に合致していると、仕事に情熱を感じます。

やりたい仕事とは、自分の価値観に合致している仕事。

やりたくない仕事とは、自分が価値観をおいていない、
即ち、価値観に合致していない仕事。

やる気は、自分の価値観に合致しているかどうかで決まることに
なります。

こんな方におすすめです
・自分らしく生きたい
・望む人生を歩みたい
・諦めたくない
・やりたいことを見つけたい
・天職を見つけたい
・好きな仕事をして稼ぎたい!
・部下を右腕にしたい!
・社員にやる気を出して欲しい
・リーダーを育てたい

このセミナーでお話することは、
①人はユニークな価値観をもっている
  人は物事に対する独自の認識や判断、行動の基準がある
②人それぞれマップが違う
  人は環境や習慣、文化によって持っているマップが異なる
③脳は空白を嫌う 
  空白の原則   : 空白を埋めようとする(考える)
  焦点化の原則  : 脳は焦点を絞る
  快楽、痛みの原則: 脳は痛みをさけ、快楽を求める
④さらに、ワークをとおして 
 ・あなたの価値観を明確にしていきます
 ・価値観と仕事のリンク付けをします
  (これがミソです)
 
セミナーで得られること
・人生や仕事の目標をみつけることができます
・あなたの大切にしていること、
 あなたの価値観を明確にするできます
・やる気を手に入れることができます
・部下が右腕になります
・あなた自身はもちろんのこと、
 あなたの部下や社員さんにやる気がでます。

-------------------
日 時: 1月20日(土)9時30分~12時
            (9時10分開場)
場 所: 東京エレクトロンホール宮城
              503教養室
     〒980-0803 仙台市青葉区国分町3-3-7
http://miyagi-hall.jp/access/
受講費: 3,000円 当日会場にてお支払いください

申し込みはこちらからどうぞ>>>
 http://tattakun.biz/?page_id=1346

お問い合わせはこちらからになります>>>
 http://tattakun.biz/?page_id=59

定 員: 10名
どなたでも受講できます。

持ち物:筆記用具をご持参下さい。

-----------------------------------------------------------
講 師  佐 藤 好 彦
コーチ・らしんばん
あなただけの“らしんばん”を手に、人生、後悔のない航海へ!
「自分らしく、豊かに幸せに生きる」
「仕事で最高のパフォーマンスを発揮する」
人生を最高価値に生きるをテーマにコーチングやコンサルティングしています。

バリューファクター・ファシリテーター
ディマティーニ・メソド・ファシリテーター
NLPマスター・プラクティショナー(ITA認定)
NLPコーチ(マイケル・ボルダック認定)
ブザン公認マインドマップインストラクター(TLI)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加