渦の道~Un vorticoso modo~

サッカーJリーグディビジョン2の徳島ヴォルティスについて語るブログ

勝ち点1すらない事実。

2016-10-16 20:11:31 | Weblog
第36節VS山口戦終了しました。

いやぁ、何と言うか。苦い。

スタメンは前節から多少入れ替えてCBに福元が(石井はサブに)、CFに佐藤が復帰。トップ下に木村が入りました。

前半は攻守共にこちらのペースで進んだと言えます。高い位置で効果的なプレスを掛け、攻勢に出て12分には右サイドパス交換から相手エンドラインギリギリ迄粘って持ち込んだ広瀬がシュート。これが決まって先制に成功。

その後もカルリーニョス、岩尾、佐藤等が何度もシュートチャンスを作るも追加点はならず。

前半を1点リードで折り返すと、後半は立ち上がりから相手が攻勢に出て来て受けて立つ展開に。

粘り強く跳ね返し続けて、カウンターを仕掛けるもシュートは枠外。追加点が奪えないまま、一層の守勢に。

終盤の31分にゴール前での混戦からこぼれ球を途中出場の選手に押し込まれて同点に追いつかれると。

最終盤の後半アディショナルタイム終了間際に度重なるセットプレーを与えてしまい、最後は相手のシュートをクリアし切れずにオウンゴールで失点。

1-2の逆転負けとなってしまいました。

前半が良いテンポだっただけに、後半の中盤から疲労等で上手くプレスが掛からなくなった後の展開がもったいない。

しかし、最終盤で踏ん張れないというのが今のチームの実力なのかもしれない。

前節は勝ち点2を、そして今日は勝ち点3を落としてしまい。今シーズンは目標達成が極めて厳しくなったと言わざるを得ません。

しかし、まだシーズンは続きます。目の前の一戦毎に真摯に向き合い、より良い内容、結果を求めていく事には変わりなく。

遠征された皆さん、お疲れ様でした。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 気の利いた話 | トップ | 何事 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。