憩いの水のほとり

日常の事柄をつづりながら、聖書のことばでほっと一息つけるブログになったらと願い書いてゆきます。

今年の夏の不思議

2016年09月17日 | 日記

きょうあっても、

あすは、炉に投げ込まれる野の草でさえ、

神はこれほどに装ってくださるのだから、

ましてあなたがたに、

よくして下さらないわけがありましょうか。

マタイによる福音書6章30節


 今年の夏の不思議

蕾を付けたのに1か月以上も一向に咲こうとしない花

どーしてと思ってたら、連日の雨で一気に咲きました 

日照り続きで水不足だったようです

もう一つは

水やり用のため水の中に、春にオタマジャクシがかえっていました。

夏の水不足の時には足し水をしてやりました。

ところが一向にカエルにならず????ため水を占拠し続けています。 

 

            

右の黒いのがオタマジャクシの頭、近寄るともぐります

自然の少ない町中なので、カエルの鳴き声が聞けるのを楽しみにしています。

       

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ブドウの木と枝との関係 | トップ | 主の翼の下に身を避ける »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事