憩いの水のほとり

日常の事柄をつづりながら、聖書のことばでほっと一息つけるブログになったらと願い書いてゆきます。

すっかり秋の空

2016年10月15日 | 賛美

 天は、神の栄光を語り告げ

大空は、御手の業を現わす

詩篇19篇1編

  

久々に川べりを散策、大空はすっかり秋の雲に変わり 

川面を吹く風も心地よい、さえぎるものがなく広がる景色に

自然に大空を目上げている

聖書の一番初めのみ言葉は

「初めに、神が天と地を創造した。」と書かれている

神の創られた物は美しく心地いい

  

   

下の写真の

山々が幾重にも重なるグラデーションの色が美しい

みぎの奥の方の山々は、四国の中央にある高い山々

空気が澄んでいるので今日は、遠くまで見渡せます

  

 

    

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 台風一過の青い空、さわやかな風 | トップ | 初秋の散策 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む