ニューヨーク “花嫁”日記

初めての海外生活について綴っていきます

年末感謝

2010-10-31 | 日記
去年の秋 聖書の言葉が 心に 強く ひびいた

  “あなたは、あなたの生まれ故郷、あなたの父の家を出て、

        わたしが示す地へ行きない。”    (創世記12章1節)

この み言葉が 何度も 語られた

私は一度も 東京の両親のもとを 離れたことがなかったので

どこかに つかわされるのかしら? とドキッとし

祈り始めた

「両親のもとを 離れるなら み心の形で 離れられますように」

「あなたが示す地 とは どこでしょうか」 。。と

この時 私は 実は ‘結婚’ ということは 頭に 浮かばなかった

しかし 両親にとっても 私にとっても 最善の形であった

すべてが 備えられていたかのように

結婚の 確認 と あわててしまうくらい 早い 結婚式。。 

そして すぐ 主人に ついて 渡米と なった

私たちの教会では 11月が 新年

この 10月31日の 年末  

今年一年の 導きと 恵みを 思い出すと 感慨深い 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

初めての秋

2010-10-29 | 日記
雨のせいで めずらしく 

日本の夏の 湿気のある暑さを 思い出すような 

なつかしい日と なった先日のこと

主人が 帰宅するや 

「おれの パンツ はいてただろ?」

「うん」 

主人は 観察力が 鋭いところがあるので いさぎよく 認めた

自分の短パンは 洗濯してしまったので お借りしてた

 “えっ!? どうして わかったんだろ?” 

と 心の中で 思っていると。。。

パンツの ウエストのひもが 

ギュッと しぼってあったから だそうだ    相当 違うもんね

今日からは 54度(12℃)くらいの日が続き 

秋~冬のような 気候になりそうだ

アメリカの秋と冬は 初めてなので めずらしく

今 秋の景色を 楽しんでます
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

引越し

2010-10-28 | 日記
私が きのう 見た 同じ虹を 

教会の 姉妹も 見ていた

その晩 Eメールで 喜んで 知らせてくれた

彼女の 家族は 明日 お引越し

3年半 住んでいた家の窓から 一度も 虹を見たことがなかったのに。。 

完全なアーチの 虹

これからの新しい生活を 

神さまが 祝福してくださると 感じて 感動した と!

お引越し先は 数週間前に 与えられた

教会まで 乗換えなしで 一本の電車で 行ける 駅のそばの よい場所 

ハレルヤ!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

West New York (西ニューヨーク)

2010-10-27 | 日記
私の住むところは ニュージャージー州

アパートの前に 流れるハドソン川は

マンハッタン島 (いわゆる ニューヨーク) との 境界になっている

私の住む町は ニューヨークの西にあたる West New York 

主人の友達で うちの近所に 初めて来た人が

 「ここは シティで バスも走ってるし 

 ちょっとした商店街も近くにあるし 緑の公園もあり

 いろいろな顔があって いいわね~」 と言ってくれた

長年 ニュージャージーに住んでいる人に 言われたので

他の所は よく知らない私は  あらためて 感謝だな と思った

近所も 対岸のマンハッタン島も  紅葉で 木々が 色ずいてきた

紅葉の写真を撮りに 外に出たら 大きなアーチの虹!!

イエスさま この地に 導いてくださり 感謝します
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Back To The Future(バック・トウー・ザ・フューチャー)

2010-10-26 | 日記
朝の ロックフェラーセンターからの生中継 TVニュース番組に 

Back To The Future で主演した マイケル・J・フォックス 他 共演者 5名 が出演

この映画ができて 25年 経つそうだ

私も この映画が 大好きだった

マックフライの母親役の 女優は 

1955年のシーンで 17歳  1985年のシーンで 47歳の 二役を こなし

47歳のメーキャップに相当の時間が かかったそうだ  

そして 共演者らに “Wow, you are old!(うわー 年とってる!)” と言われていたとか。。 

今はそのくらいの年になったけど と。。

その女優が この映画に出演して 気がついた深い真理

「人生の自分の小さな選択が 大きく将来を 変えてしまう」  

と語っていた

それを聞いて。。 なるほど~ でも どうやって 選択していったら いいの? 

と かつての 私は思っただろうが 

今は 天のお父様の 最善の計画のうちを 歩めるように 

み心を 選べるように と祈れる 幸いを思った
コメント
この記事をはてなブックマークに追加