こつぶろぐ

小粒・ぽっち・もうも・玉・姫の日々あれこれ

コンセーブの効果?(6年ぶりの狂犬病ワクチン)

2017年06月30日 | 小粒

血液検査結果を聞きに動物病院へ行った。

 

 

 

まず小粒。

ALT  170 U/L(参考基準値:18~93)

AST  47 U/L(参考基準値:17~45)

長年飲んでいる抗てんかん薬の影響で、やはり肝臓の数値が悪かった。

だけどだけど!

それ以外は全く問題がなかったのだ。

いちばん気がかりだった膵炎の可能性を示すリパーゼは、、、

犬膵特異リパーゼ  30 μg/L(参考基準値:<200)

と基準値内におさまっていてホっとひと安心。。。

 

フィラリアはもちろんマイナス。

混合ワクチンの抗体検査結果はじゅうぶんに抗体が出来ているとのことで、

次回の混合ワクチンは2020年でいいとのことだった。

混合ワクチンの接種証明書がないとそれなりに不便なことはあるが

(犬連れ旅行に行けなかったりドッグランを利用出来なかったり…)、

小粒にはどれももう必要ないから問題なし

 

今年、6年ぶりに狂犬病ワクチンを接種出来た。

最後の発作(去年の6月25日)から1年あいたことで、

『今年は打ちましょう』と獣医さん。

たまたまなのか、それとも薬の効果なのか、

コンセーブに替えてから一度も発作が起きていないのだ。

もっと早くコンセーブに切り替えれば良かったな…。

このまま発作が起きなければ、いずれ薬も『飲まなくていいですよ~』

なんてことにならないかな?

 

発作は起きていないが、時々ご飯を食べなかったり嘔吐したりと

油断はまだまだ出来ない。

膵炎だって何が引き金になって再発するか分からない。

とりあえず、このまま食事には気を付けて健康的な生活を送るように。

ということだった。

 

 

次ぽっち。

総コレステロールが低めで、貧血を示す項目で低めなのがあった。

だけど獣医さんいわく『まあ問題ないでしょう』。

完全に栄養不足と言われた1年前に比べたら上等上等。

すごく改善されたと思う。

2kgなかった体重だって2.70kg。

もうこれ以上は増やさないように気をつけねば。

 

 

今年のフィラリア予防とワクチンプログラムを一通り終え、

しばらく病院へ行く機会もないだろう。。。

と思っていたら、ぽっちが下痢になり今日また病院へ

ぽっち、君は下痢が多いね。なんで?

飲み薬5日分で様子を見ることになった。

『犬』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ちょび&トチローの近況です | トップ | 初のブルーベリー摘み »
最近の画像もっと見る

小粒」カテゴリの最新記事