早起き鳥 

【未明混沌】今日もきっと良いことあるような…!

知られざる歴史・・・

2017年09月25日 04時43分14秒 | 読書




 私たちが学んでいる日本史だって、

勝者の歴史に他なりません。

日本史はなぜか平城京や平安京など

近畿地方についての記述ばかりです。

当時だって、東北地方や九州地方に

人びとの営みはあったはずです。


でもそうした人びとの歴史は

ほとんど残っていません。

江戸時代に水戸藩で「大日本史」

という歴史書が作られました。

これは、江戸時代までの天皇の歴史が

いかに正統であるかという視点から

日本史を書き直したものです。


こう見ると勝ったものが記録を残し、

負けた者の記録は残っていないからです。

過去のさまざまな歴史というのは

勝者が残した記録を

構成の学者が分析をして作り上げたものです。


一方で敗者の歴史というのは、

この世界から抹殺されています。

ですから私たちが学んだ歴史は言ってみれば氷山の一角で、

実はそれ以外にも

知られざる歴史がたくさんあるということを

常に頭の片隅にとどめて置いて欲しいのです。


   おとなの教養  池上 彰 著



     








 知られざる歴史・・・

それは自分の爺さんや婆さんから

伝え聞く話ではないだろうか...!

子供の頃、田舎に帰って、爺さんや婆さんから

いろいろ聞いた面白い話が懐かしい

僕のご先祖様など敗者も敗者

争うどころか争いごとに蹴散らされたような立場

歴史などあろうはずはない

でも年寄りから伝え聞く話は

先祖代々の話だろうと思う

我々、庶民には民話とか昔話という伝え方を知っている

これが庶民にとっての庶民の歴史

と言えるのでないだろうか・・・


時代によって書き換えられることのない法則が

その昔ばなしには脈々といきている

まんが日本むかしばなしが僕は大好き・・・

このまんがこそが僕の大切な日本史である

そしてお年寄りの伝え聞く話が

子供たちが心の中にとどめておくべき歴史観・・・

そういう意味で

僕自身が若い人にどんな話を残していくかということは

とんでもなく、重要であることを

この池上さんの本を読んで感じた次第


       早起き鳥




人気ブログランキングに参加
読者の皆様のご支援に心から感謝申し上げます。



『コラム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 南京大虐殺・・・ | トップ | 愚かな失敗を繰り返さないた... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

読書」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。