早起き鳥 

【未明混沌】今日もきっと良いことあるような…!

一流大学入試を拒んだ息子...!

2016年10月20日 04時10分22秒 | 読書







 私の友人に名門大学の

学部長を務めていた人物がいる。

彼の息子がその大学に入れるようにと、

長年貯金し、計画も立てていた。

ところが、いよいよ入試というとき、

息子は受験を拒んだ

父親はひどく落胆した。


その大学を卒業すれば息子にとっては

大きなキャリアになるはずだった。

そもそも、その友人の家は

三代にわたってその大学を卒業していた。

いわば彼の家の伝統だったのである。


彼は、なんとか息子を

受験させようと説得を重ねた。

考えを変えることを内心期待しながら、

息子の話に耳を傾け、理解しようともした。


しかし、彼の対応の裏側に潜んでいたのは

「条件つきの愛」だった。

一人の人間として息子を思う気持ちよりも、

その大学に入ってほしいという欲求の方が大きかった。



  「七つの習慣」

          スティーブン・コビナー 著
     









 一流大学に入って欲しい

親心は痛いほどわかる

学歴社会においてどこの大学を卒業したかは

大きなキャリアになるのは当然

でも近年、その風潮が少しずつ

変化してきているような気もする

東京大学などの名門卒業生は

学力偏差値はすごいけれど、

未知なるものへの取り組む熱意・情熱は

イマイチ劣るとの見方もある

やはりしっかりとした見極め評価をして

採用内定判断としているようである


しかしながら公務員採用においては、

まだまだ大学入試の延長線上にあるようにも思う


とはいえ、このエピソードの息子さん、

親がなんと言おうと我を通すところなど

骨のある学生のように思う

お父さんの本音を見極めた上での

想いなのだろうか、そうでないかもしれないけど

そのお父さんが、息子に対する愛情から

キャリアのレールを提示したわけだが、


息子の自主性に任せるという愛情であったなら、

すんなりその一流大学への進路を

決断したのかもしれない

まあ、いずれにせよ、結果として

代々、4代にわたって、

名門一流大学のキャリアというのも夢のような話

それぞれどんな職業に就いているのだろう...?


     早起き鳥




人気ブログランキングに参加
読者の皆様のご支援に心から感謝申し上げます。



『コラム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« こうべを垂れるなら深く垂れ... | トップ | 仕事に身を入れすぎるあまり.... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。