早起き鳥 

【未明混沌】今日もきっと良いことあるような…!

心を開いて正直に...!

2016年11月12日 04時35分38秒 | 読書







 カールロジャース(米国の心理学者)は

「もっとも個人的なことは

もっとも一般的なことである」

と教えている。


自分の本当の姿を見せ、

自信を失った経験も含めて

自分のことを素直に話すほど、

それを聞いている人たちは

自分の経験を正直に話しても

大丈夫なのだという気持ちになる。


するとあなたの正直さが

相手の精神を養い、

そこに真の創造的な共感が生まれ、

新たな洞察や学びがもたらされる。

こうして次第に気持ちが高揚していき、

冒険心が刺激されて、

コミュニケーションのプロセスは

シナジーへと向かっていく。


  「七つの習慣」

          スティーブン・コビナー 著
     









 「シナジー」を大辞林で調べれば

「相乗作用」とある

1プラス1が3にも4にも

いやそれ以上にもなるということを学んだが

人と人とのコミュニケーションで

相手を理解することほど難しいものはない


ついぞ、自分のことが相手には

全く理解してもらえないと

不満や苛立ちをどうすることもできず

ずっと僕自身も悩み苦しんだ

でも結局は自分自身が

相手を理解していないのに

相手が僕を理解してれるなどあり得ないこと

それが道理であり大原則


まずは自分が正直に心のままに包み隠さず話せば

相手も心を少しずつでも開いてくれるもの

自分の本当の姿を見せない限り

相手方とのコミュニケーションなど

うまくいくはずがない

でもこんな簡単なことがなぜできないのか

不思議で仕方がない

そしてそれが現実なのだから如何ともしがたい


やはりそこには自己中心的である限り

一歩も前に進まないのかもしれない

相手中心の価値観にブレイクスルーできたとしたら

その瞬間に新しい未来が見えるのかもしれない


     早起き鳥




人気ブログランキングに参加
読者の皆様のご支援に心から感謝申し上げます。



『コラム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 自然界はシナジーの宝庫...? | トップ | キャンプより母の方が大切...! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

読書」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。