早起き鳥 

【未明混沌】今日もきっと良いことあるような…!

黄金律の解釈...!

2016年10月15日 04時03分37秒 | 読書







 「何事でも

人々からしてほしいと望むことは、

人々にもその通りにせよ」

(マタイによる福音書)

という黄金律がある。


文言をそのまま解釈すれば、

自分が他の人からしてもらいたい

と思うことを他の人にしてあげる。

という意味だが、

もっと掘り下げて考えてみると、

この黄金律の本質が見えてくる。


自分はこう理解してほしいと思うように、

相手を一人の人間として深く理解し、

その理解に従って相手に接する、

ということではないだろうか。


素晴らしい親子関係を築いているある人物が、

「一人一人の子供に対して

それぞれ違う接し方をしてこそ、

公平に接していることになる」

と話していた。


  「七つの習慣」

          スティーブン・コビナー 著
     









 「自分してほしいことを他人にもしてあげる」

マタイの福音書にある黄金律

深い言葉と単に感じたが、

ここでさらに掘り下げて語られていた


自分がしてほしいことそれはなんなのか?

パソコンが欲しいとか車が欲しいとか

そんな物欲なら簡単なことだが

自分を愛して欲しいとか

もっともっと理解して欲しいとか

そんな抽象的な内面の欲求ならどうだろう


自分がそう思うことを他の人にもしてあげる

他の人を理解するということはそれは難しいこと

愛してあげるというのもまた難しい

自分の物差しと他人の物差しが違うからだ


だからこそ、この本では

もし親として息子兄弟には

一人一人の子供に対して

それぞれ違う接しかたをする

と言っている



それぞれの子供が本当に喜ぶ接し方を

してこそ公平だと言っている

同じ接し方をするのが公平ではないのである

これには目からウロコ...!



     早起き鳥




人気ブログランキングに参加
読者の皆様のご支援に心から感謝申し上げます。



『コラム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« しょっちゅう嫌味を言っては... | トップ | 上司と部下との間の溝...! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。