早起き鳥 

【未明混沌】今日もきっと良いことあるような…!

大人達よりも前を歩く若者・・・!

2017年06月16日 03時51分45秒 | 読書




・・・哲人

アドラー心理学を本当に理解して、

生き方まで変わるようになるには

「それまで生きてきた年数の半分」

が必要になるとさえ、言われています。

つまり40歳から学び始めたとすれば

プラス20年が必要で60までかかる。

20歳から学び始めた場合には

プラス10年で30歳までかかる、と。


あなたはまだお若い。

それだけ人生の早い時期に学び、

早く変われる可能性があるわけです。

早く変われるという意味においてあなたは、

世の大人達より前を歩いている。

道に迷ってもいいし、ブレてもいい。

縦の関係に従属することなく、

嫌われることを怖れないで、

自由に進めばいいのです。



  嫌われる勇気

          岸見 一郎、古賀 史賀 著



     








 早く変われるという意味において

若者は大人達よりも前を歩いている・・・

なんと素晴らしい言葉だろう


今までの価値観と全く違った人間関係が...!

夢のような世界が広がっていく

ところがどうだろう

「今の若者は・・・」

とこんな言葉が胸に湧いてくる

いつの世も年長者は

若者達に対してそんな感情を抱く

年長者がきちんと

指導してこなかったからではないのか

いやいや、世代間のギャップがあって

価値観がまるで違う

それを年長者の物差しやメガネを通して見るから

「今の若者は・・・」

とこんな言葉が出てくる


若者であってもしっかりと

生きている人もたくさんいる

僕たちのように還暦すんだ人に

どれだけ優れた人がいるのだろうか

と己を省みて反省する


これからの世の中、

年長者も若者も男女もない

みんな同じ横のつながりである

能力のある人はどんどん、

立派な仕事をして社会貢献しているし、

ダメな人は朽ち果てるまでダメである


例えそうだったとしても

年長者を敬う心だけは失いたくない・・・



       早起き鳥




人気ブログランキングに参加
読者の皆様のご支援に心から感謝申し上げます。



『コラム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« なぜ手伝ってくれないの・・・? | トップ | 「みんな」「いつも」「すべ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

読書」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。