早起き鳥 

【未明混沌】今日もきっと良いことあるような…!

歴史の真実

2017年09月19日 05時25分08秒 | 読書




 歴史は新しい研究結果によって、

次々に書き換えられていくものです。

「史実」と呼ばれているものは、

過去にさかのぼればさかのぼるほど、

確定させることが難しい。

だからこそ歴史家や歴史学にとって

チャレンジしがいのある領域、

ということになるのですが。


高校入試や大学入試では歴史を

暗記科目として勉強するので

私たちは歴史の勉強とは

定まった史実を覚えることのように

思い込んでしまっています。


でも史実を覚えることは

歴史にとって本質的なことではありません。

出来事と出来事の間に

どういう論理や因果関係が見て取れるのか、

残されている史実を読み解くと、

どういう出来事があったと推測されるのか。

そういったところに、

歴史を学ぶ面白さがあるのです。



   おとなの教養  池上 彰 著



     








 歴史と聞けば本当にトラウマ

学生時代を思い出すと

本当に悔しいけど、歴史は苦手

記憶力の乏しい僕には

苦痛でしかなかった


でも一夜漬けで必死に集中して

頭に叩き込み試験に臨んだ

試験が済めば見事に忘れたものである

こんな歴史が

将来何の役に立つのだろうと思いつつ

読書など全くせず、

部活の目標に全力で臨む毎日を過ごした


そして社会人となってから

読書の習慣が身につき

そして読み始めた歴史小説、

司馬遼太郎の数々の名作をむさぼり読んだ

こんな小説を通して

いろんな出来事の意味や人々の思いを感じ取る時

それがフィクションであったにせよ、

何とも言えない味わい深いもの・・・


歴史が新しい研究成果によって

次々に書き換えられていくものだとするなら

今持っている情報の中で

自分で想いを巡らせて

自分なりの史実を構成して楽しみたいものである


坂本龍馬が暗殺されずに生きていたら

後の時代はどうなっていたのだろうか

なんてことを思うとワクワクしてくる


       早起き鳥




人気ブログランキングに参加
読者の皆様のご支援に心から感謝申し上げます。



『コラム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 歴史は進歩する・・・? | トップ | 北朝鮮、建国の歴史! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

読書」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。