早起き鳥 

【未明混沌】今日もきっと良いことあるような…!

最終回のネコ

2017年07月14日 04時01分06秒 | 読書









ある日、白いねこは、ねこの となりで、

しずかに うごかなく なっていました。

ねこは、はじめて なきました。


よるになって、朝になって、

また 夜になって、朝になって、

ねこは 100万回も なきました。


朝になって、夜になって、

ある日の お昼に、ねこは

なきやみました。


ねこは、白いねこの となりで、

しずかに うごかなくなりました。


ねこは もう、けっして 

生きかえりませんでした。


  「100万回生きたねこ」 佐野洋子 著

     




人気ブログランキングへ




100万回生きたねこ

毎回、飼い主が嫌いだったねこ

そして100万回の飼い主


どの飼い主もねこにたゆまぬ愛情を・・・

でもそれは飼い主目線

ねこのためだったかどうか

もしねこ目線で飼ってたとしたら...?


最後の白いねことの暮らしは飼いネコではなく

野良ねこ時代を経て自ら生きた暮らし

そこには愛する家族があり

最愛の妻たる白いねこがいた


誰かのために生きてその誰かを看取り

悲しみにくれ、そして自ずからも世を去る


もう一度生き返り、

同じ様に幸せな生き方をすれば良いのに

いやきっと、今度は人間に生まれ変わったに違いない


巣立った子ねこ達は誰かの飼いねこになることなく、

親ねこと同じように

素晴らしい出会いを経て所帯を持つだろう


まるで人のようだ

そして人が飼いねこに生まれ変わる不安がよぎる


本日をもって最終回となります。

毎日、読んでくださり心から感謝申し上げます。

また明日からは別のネタでご愛顧のほどよろしくお願いします。


     早起き鳥




人気ブログランキングに参加
読者の皆様のご支援に心から感謝申し上げます。



『コラム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 巣立つ子ネコを見送る | トップ | 「平穏死」という選択 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

読書」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。