早起き鳥 

【未明混沌】今日もきっと良いことあるような…!

4〜5日寝ないと死ぬ・・・

2017年03月08日 05時33分31秒 | 読書




 100年前、ロシアの科学者に

マリア・マナセーナという医学博士がいました。

長時間、眠らないと

いったい体内でどんなことが起こるか調べたのです。


まず動物実験を行いました。

10頭の子犬を眠らないように起こし続けると、

4〜5日のうちにみな死んでしまいました。

彼女の実験に続いて、

多くの医学者、科学者が同じような

調査研究をしましたが、

子犬だけではなく、

成犬やネズミも同様の結果が得られました。


動物の身体を調べると脳以外の場所には変化は

見つからなかったのです。

脳には2000億とも言われる

「ニューロン神経細胞」があり

情報処理機能を果たしています。

このニューロンが睡眠障害によって

傷つけられていたのです。


これは極端なケースであって、

1週間に1度や2度の3時間睡眠など

大したことではありません。

「8時間寝ていないからダメだ」

というのは単なる思い込み、

自己暗示に過ぎないのです。



  「朝4時起き」の超習慣術

          中島 孝志 著



     








 4、5日寝ないと

子犬などはみんな死んでしまう・・・!

これはショッキングな話、

2、3徹夜は何度もあったけれど、

それは危険なことだったのかもしれない

とは言え、毎日8時間もの睡眠は必要ないとは思う


生きとし生けるもの

睡眠とは大切にしなければいけないもの

子犬が4、5日も寝ないというのは

それは何かの人為的な処置によって

眠らせなかったのだと思うけど

普通の子犬なら

自然的に本能的に眠ってしまうだろう

人間だって同じこと、無理に眠ろうとしなくても

身体に任しておけば

自動的に睡眠は取れるはず


人間の思い込みで、毎日8時間寝るとか

4時間や5時間では睡眠不足でダメだとか

そんなことより、朝早く起きたら絶対に夜には眠たくなる

人為的なコントロールより

身体の反応のままに生きていればいいような気がする



       早起き鳥



人気ブログランキングに参加
読者の皆様のご支援に心から感謝申し上げます。



『コラム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 1億総夜型人間化現象・・・ | トップ | あと5分寝かせて・・・! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

読書」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。