早起き鳥 

【未明混沌】今日もきっと良いことあるような…!

巣立つ子ネコを見送る

2017年07月13日 04時39分33秒 | 読書









やがて、子ねこたちは 

大きくなって、それぞれ 

どこかへ いきました。


「あいつらも りっぱな 

のらねこ になったなあ。」


と、ねこは まんぞくして いいました。

「ええ。」

と、白いねこは いいました。


そして、グルグルと

やさしく のどを ならしました。


白いねこは、すこし 

おばあさんに なっていました。

ねこは、いっそう やさしく

グルグルと のどを ならしました。


ねこは、白いねこと いっしょに、

いつまでも 生きていたいと 思いました。


  「100万回生きたねこ」 佐野洋子 著

     




人気ブログランキングへ




100万回生きたねこも

人並みに子育てして

子供達の巣立ちを見届けて子離れ


互いに年をとり

これからが夫婦だけの時間

この達成感は100万回も

生き死にを繰り返したといえ

初めてなのだろう


そして主人公のねこも

白いねこもお互いに

グルグルと喉をならした


ネコを飼ったことの

ある者にとって

このグルグル喉をならすことは

親愛のしるし、幸福・満足感の表現


お互いにグルグル、実に微笑ましい。

共白髪で、この暮らしが

長く続きますように...!


     早起き鳥




人気ブログランキングに参加
読者の皆様のご支援に心から感謝申し上げます。



『コラム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 自分よりも好きなネコ | トップ | 最終回のネコ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

読書」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。