早起き鳥 

【未明混沌】今日もきっと良いことあるような…!

医療費と介護費の年間総額は...?

2017年07月31日 05時01分39秒 | 読書




 胃ろうをつけた人に対して

1年間にかかる医療費と介護費の合計は

約500万円だと言われています。

現在、胃ろうをつけた寝たきりの高齢者の数は、

30万人とも40万人とも言われています。

毎年1兆円〜2兆円の税金が

使われていることになります。


一方では、延命治療法がない時代の

刑法が依然生きているために、

延命の方法があるのにそれを行わないことは

不作為の殺人になるかもしれない

とする考えがあります。

そこで医師は医療行為をしておけば、

医療保険からの支払いがある。

自分にとっても、患者の家族にとっても

損はない話だと考える。


  「平穏死」という選択

          石飛 幸三 著



     







 今の保険制度は

大きな見直しが必要だろうし

大胆な法改正をして

政策誘導する時が来ているのかもしれない

国家財政は破綻寸前の危機状態にある


国が10年先、20年先を

見通したモデルを示し

タイムスケジュールとともに

国民にプランを提示する必要があるのだが、

今の政府や官僚に対する不信感は募る一方

なんとかならないものだろうか・・・

自然淘汰しそうでなかなかしない

財政破綻というハードランディングへ

まっしぐらという感じである



患者の家族も医師が言うことだし、

保険で医療費が出るのだから、

それで命の危機が救えるのなら

やってもらおうと言うことになる

医療サイドも家族も痛い目にあうことはない

痛い目にあうのは

老人本人なのだと肝に命じて

これから先、確実にやって来る

老いた父の終末と向き合いたい



       早起き鳥




人気ブログランキングに参加
読者の皆様のご支援に心から感謝申し上げます。



『コラム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 簡単に死を選ぶ人が多い中で... | トップ | 尊厳が尊重される欧米 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

読書」カテゴリの最新記事