早起き鳥 

【未明混沌】今日もきっと良いことあるような…!

北朝鮮、建国の歴史!

2017年09月20日 04時34分09秒 | 読書




 北朝鮮の建国の歴史というのは

いわば建国神話と呼ぶべきものになっています。

北朝鮮では金日成という絶対的な指導者が

日本の植民地支配時代から

朝鮮半島で日本軍と戦い続け、

ついには勝利を収めて

北朝鮮という国を作ったという神話があり、

それを国民は覚えさせられています。


私たちはそうではないことを知っています。

日本が戦争で負けた後、

ソ連とアメリカが朝鮮半島に入ってきました。

日本が朝鮮半島から引き上げると、

北半分にはソ連がソ連式の国をつくりました。


それまでソ連軍の大尉として

ソ連軍と行動を共にしていた金日成を

北朝鮮に連れてきてトップに据えたのです。

金日成は戦争末期にはソ連の基地にいて、

そこで息子の金正日も生まれているのですから、

朝鮮半島で戦っているわけがありません。



   おとなの教養  池上 彰 著



     








 今、話題の北朝鮮という国の生い立ち、

とても興味のあるところ

池上さんがことも明確に

この本に書き記していただいた

こう明確に教わったのは

今が初めてのような気がする

学生時代の歴史の教科書には

詳しい記述があったのだろうか

それさえも記憶にない


日本列島支配の国が

北はソ連に南はアメリカに日本は降伏をした

その境界線が38度線、

初代のトップは金日生であること次が金日成

その程度のことしか記憶にはない


以後、北朝鮮は日本に対して

どういう感情を持っているのか、知る由もない

アメリカへの敵対視だけが甚だしく・・・

要するに金日成はソ連の思惑で

北朝鮮という国づくりをさせられたということ

自分たちの力で国を作ったという

歴史を自分たちで産み出したということ

そこことはしっかりとこの胸に収めておこう...!



       早起き鳥




人気ブログランキングに参加
読者の皆様のご支援に心から感謝申し上げます。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加