早起き鳥 

【未明混沌】今日もきっと良いことあるような…!

奇跡の積み重ねによって人間は存在する

2017年09月04日 04時40分55秒 | 読書




 さまざまな生き物は

突然変異を繰り返している。

突然変異を繰り返しているもののうち、

その時々の環境に一番適応できる

生き物だけが生き残ってきた。


たとえば、この地球が誕生して以来、

地球の表面すべてが

氷河で覆われたような状態の時もあれば、

逆に煮えたぎるような状態の時代もありました。

時代によって気象は大きく変わっています。

そのときたまたま突然変異を遂げた生き物が、

大きく変わった環境の中で生き延びることができた。


逆に環境の変化に

対応することができなかったものは、

そのまま消えていきました。

変化する環境の中で生き残ることができた、

そういう生き物が

私たちのご先祖様だったということです。

私たちはどこからきたのか?

奇跡の積み重ねによって、

私たちが存在しているのです。



   おとなの教養  池上 彰 著



     








 『奇跡の積み重ねによって

私たち人間が存在している...!」

この素晴らしい言葉に

なぜか心が洗われる思いがする


現役時代の仕事の経験から言わせてもらえば

生き物を大量に飼育していると、

閉鎖された水槽の中というのは

一度環境が悪化すれば、

改善するのは至難の技である


そんな中で飼育している生き物は

病気になりやがて死んでいく、

そうなると環境悪化はさらに進んでいく

しかし不思議なことに全滅ということにはならない

1個体以上は必ず残るである

この生き残った個体こそが

すごい生命力を持ち、突然変異という

強い優れた子孫を残す確率が高いことを

僕は知っている


僕たち人間も

ぬるま湯のような環境の中で暮らしていると

早死するのは当然

貧しい家庭で生まれ育ち、雑草のように生き、

社会に出ても迫害を受けてさえも

必死に生きている人たちのことを考えれば

その子孫は姿形こそ似通っていても、

とんでもない形質の人間であることは間違いない

それがユダヤ民族であり、

日本民族なのだと思えてならない

だからこそ、自ら命を絶つなどという

法則に反することはあってはならないこと

ただただ生き抜くだけが

人としての一番大切なミッションなのだ

と、そう思えてならない・・・


       早起き鳥




人気ブログランキングに参加
読者の皆様のご支援に心から感謝申し上げます。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加