司法書士内藤卓のLEAGALBLOG

会社法及び商業登記に関する話題を中心に,消費者問題,司法書士,京都に関する話題等々を取り上げています。

「会社訴訟・紛争実務の基礎」

2017-04-23 17:21:09 | 会社法(改正商法等)
三笘裕・荒井紀充・中野智仁編著「会社訴訟・紛争実務の基礎」(有斐閣)
http://www.yuhikaku.co.jp/books/detail/9784641137622

 取締役会議事録の閲覧請求の項のコラム(74頁)で,取締役会の議論をどこまで議事録に記載するのか,が取り上げられている。司法書士の実務としては,会社法施行規則の要件を満たした上で,登記すべき事項と決議要件の充足が明確であるように,という点に力点が置かれるが,現実の会議では,上程された議案等につき,様々な議論が展開されており,それをどこまで記載する? という問題である。

 会社ごとに運用の差異があると思われるが,後日,経営判断の是非をめぐり取締役の責任追及訴訟の際の証拠収集の一環として取締役会議事録の閲覧又は謄写の請求がされることも考慮すると,いろいろと悩ましいですね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 森友学園が民事再生手続開始... | トップ | 「新基本民法1 総則編」&... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

会社法(改正商法等)」カテゴリの最新記事