司法書士内藤卓のLEAGALBLOG

会社法及び商業登記に関する話題を中心に,消費者問題,司法書士,京都に関する話題等々を取り上げています。

大阪弁護士会が大阪地検に対して積極的に財産管理人の選任に係る請求をするように申入れ

2017-07-13 14:15:06 | 空き家問題&所有者不明土地問題
 昨日(7月12日)付けの讀賣新聞朝刊34面に,空き家問題に関して,標記の記事が掲載されている。

 民法第25条第1項及び第952条第1項は,検察官の請求により,財産管理人の選任がされる場合があることを定めているが,言わゆる「伝家の宝刀」・・・抜かれることは稀れなのである。


民法
 (不在者の財産の管理)
第25条 従来の住所又は居所を去った者(以下「不在者」という。)がその財産の管理人(以下この節において単に「管理人」という。)を置かなかったときは、家庭裁判所は、利害関係人又は検察官の請求により、その財産の管理について必要な処分を命ずることができる。本人の不在中に管理人の権限が消滅したときも、同様とする。
2 【略】

 (相続財産の管理人の選任)
第952条 前条の場合には、家庭裁判所は、利害関係人又は検察官の請求によって、相続財産の管理人を選任しなければならない。
2 【略】
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 「実務に役立つ 印紙税の考... | トップ | NHK受信料訴訟~最高裁大... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む