司法書士内藤卓のLEAGALBLOG

会社法及び商業登記に関する話題を中心に,消費者問題,司法書士,京都に関する話題等々を取り上げています。

架空増資事件と司法書士法違反

2011-01-09 18:08:24 | 会社法(改正商法等)
毎日新聞記事
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110108ddm041040073000c.html

 架空増資&未公開株詐欺事件で話題になった件だが,コンサル会社が登記申請を行っていたということで,司法書士法違反で逮捕されている。

 司法書士業務をする資格がないのに登記申請を行うと,司法書士法違反・・・○○○士さんや××士さんも逮捕される前にさっさと足を洗う方がいいですよ。

 ところで,資格がない者が反復継続して登記申請を行っていることを現認していながら,無為無策の登記所が多いため,やりたい放題であるのも事実。

 「官吏又は公吏は,その職務を行うことにより犯罪があると思料するときは,告発をしなければならない」(刑事訴訟法第239条第2項)のですから,何とかして欲しいものですね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
« 外国人の土地取得の規制 | トップ | 公益法人等への移行の登記の... »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (司法書士)
2011-01-09 23:45:36
先日も登記所近くのカフェで行政書士が依頼者らしき人に、設立の申請書へ実印を押させてました
よーくみかけます。
また、登記いつもどうしてますか?とにくと『税理士さんが申告一緒にやってくれます』と
具体的にどうやって防ぐべきなんでしょうね
構成要件 (はぐれ司法書士)
2011-01-10 16:23:12
無償であっても司法書士法違反が成立するのですけどね。
あまり知られてないかもしれませんが。
Unknown (Unknown)
2011-01-22 13:01:17
司法書士さんが税の資格も取って、ぜひ司法書士さんが両方やってほしいですね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む