司法書士内藤卓のLEAGALBLOG

会社法及び商業登記に関する話題を中心に,消費者問題,司法書士,京都に関する話題等々を取り上げています。

法定相続情報証明制度の新設に係る不動産登記規則の一部改正に伴う供託事務の取扱いについて(通知)

2017-05-19 12:50:53 | 会社法(改正商法等)
「不動産登記規則の一部改正に伴う供託事務の取扱いについて(通知)」(平成29年5月17日付け法務省民商第83号法務省民事局商事課長通知)が発出されている。

「不動産登記規則の一部を改正する省令(平成29年法務省令第20号)による改正後の不動産登記規則第247条の規定により交付された法定相続情報一覧図の写しについては,相続人が供託物払渡請求をする場合に添付すべき書面のうち,「相続があったことを証する市町村長その他の公務員が職務上作成した書面」として取り扱うことができ,請求者から添付した法定相続情報一覧図の写しの原本還付の請求があった場合においても,不動産登記通達第2の2と同様の取扱いとする。」

 平成29年5月29日以降の取扱いである。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 会社法第22条第2項の免責... | トップ | 法定相続情報証明制度の新設... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む