司法書士内藤卓のLEAGALBLOG

会社法及び商業登記に関する話題を中心に,消費者問題,司法書士,京都に関する話題等々を取り上げています。

法定相続情報証明制度に関する不動産登記通達の補遺(9)

2017-04-20 15:47:01 | 不動産登記法その他
9 法定相続情報に変更が生じたとして再度の申出があった場合

 例えば,被相続人の死亡後に子の認知があった場合,被相続人の死亡時に胎児であった者が生まれた場合,法定相続情報一覧図の保管及び一覧図の写しの交付の申出後に廃除があった場合など,法定相続情報に変更があったときは,当初の申出人は,再度の申出をすることができる。

 このような変更が生じていない場合に,申出人以外の相続人が保管等の申出をすることが認められるのかは,通達からは明らかではないが,おそらく認められるのであろう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 法定相続情報証明制度に関す... | トップ | 租税特別措置法第77条の改正 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む