司法書士内藤卓のLEAGALBLOG

会社法及び商業登記に関する話題を中心に,消費者問題,司法書士,京都に関する話題等々を取り上げています。

登記申請の添付書面としての株主名簿

2009-10-27 12:47:50 | 会社法(改正商法等)
 民事月報平成21年9月号に,「商業・法人登記実務の諸問題(2)」が掲載されている。筆者は,塚田佳代民事局民事第一係長と前田和樹商事課供託係員。前号に続き,法務局の商業法人登記事務担当者講習会で取り上げられた事例が紹介されている。

 いくつか紹介し,若干のコメントを付すこととする。

1.株主名簿
 株式会社が株券発行会社である場合において,株式の全部について現実に株券を発行していないとき,これを証するため株主名簿等を添付書面とする場合があるが,株主が株式を取得した日の記載のない株主名簿をもって「株式の全部について株券を発行していないことを証する書面」として取り扱うことができる。

※ 中小企業においては,株主名簿の管理が杜撰であることが多く,このような機会に株主名簿が整備されるという面がある。添付書面の記載事項としては,株式を取得した日の記載を要しないのかもしれないが,実務的には,調査の上,法定の記載事項を完備した株主名簿を整備しておくべきであろう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 「地方消費者行政強化プラン... | トップ | 条件付解散決議と存続期間の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む