司法書士内藤卓のLEAGALBLOG

会社法及び商業登記に関する話題を中心に,消費者問題,司法書士,京都に関する話題等々を取り上げています。

弁護士法23条の2第2項に基づく照会に対する報告を拒絶する行為が,弁護士会に対する不法行為を構成することはない(最高裁判決)

2016-10-18 18:24:34 | 民事訴訟等
最高裁平成28年10月18日第3小法廷判決
http://www.courts.go.jp/app/hanrei_jp/detail2?id=86198

【裁判要旨】
弁護士法23条の2第2項に基づく照会に対する報告を拒絶する行為が,同照会をした弁護士会の法律上保護される利益を侵害するものとして当該弁護士会に対する不法行為を構成することはない

 原審である名古屋高裁判決等は,下記で。

cf. 平成28年7月16日付け「最高裁,弁護士法第23条の2の照会問題で弁論」
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 「割賦販売法の一部を改正す... | トップ | 「国民生活」2016年10月号 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む