司法書士内藤卓のLEAGALBLOG

会社法及び商業登記に関する話題を中心に,消費者問題,司法書士,京都に関する話題等々を取り上げています。

会社が申請人である不動産登記(会社法人等番号を提供する場合に限る。)と当該会社の商業登記を同日に申請する場合

2017-04-05 14:44:46 | 不動産登記法その他
 会社が申請人である不動産登記(会社法人等番号を提供する場合に限る。)と当該会社の商業登記(代表者の変更がない場合に限る。)を同日に申請する場合,順番は,不動産登記を先(ある程度の時間的間隔は必要でしょうけれど。)にすればOK。

 不動産登記の申請の受付時点で,調査票として会社の登記情報を出力するそうで,その後は,原則としてアクセスすることはない模様。出力を確認してから,商業登記を申請するのが手堅いでしょうね。

 不動産登記の完了予定日が随分先で公示されており,受付から調査までに時間がかかりそうな場合も,心配は無用のようです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 法務省「外国人住民調査報告書」 | トップ | 「被相続人の同一性を証する... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

不動産登記法その他」カテゴリの最新記事