司法書士内藤卓のLEAGALBLOG

会社法及び商業登記に関する話題を中心に,消費者問題,司法書士,京都に関する話題等々を取り上げています。

裁判官が被告に対して消滅時効の援用を促してよいのか

2017-03-06 16:03:32 | 民事訴訟等
裁判官の行為に対する国賠訴訟やったぞ! by ツンデレblog
http://blog.livedoor.jp/bakara2012/archives/49578578.html

 いったん弁論が終結した後,裁判官が被告に対して消滅時効の援用を促して弁論が再開され,その結果敗訴したとして,原告が国家賠償請求をしたものである。

 最終的には,最高裁で上告不受理となり,原告が敗訴。

 神戸地裁平成28年3月23日判決(一部認容)は,判例時報No.2317平成29年3月1日号に掲載されているとのことである。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 不動産登記記録例もHPで公表を | トップ | 東京大学が団体交渉で組合の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

民事訴訟等」カテゴリの最新記事