新しい暮らしのはじまりに

シンガーソングライター馬場俊英さんが好きです。馬場さんのコンサートなど覚えがき。

2016.10.9 I HAVE A DREAM @松阪M'AXA(後編)

2016年10月13日 | コンサート

馬場さんの21年目ツアー、I HAVE A DREAMツアー in 松阪M'AXA、後編です。

今回も安定のネタバレなのでご注意を。
NGな方は回れ右してくださいね。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



続きまして、アルバムピックアップコーナー。
ME AND MY STORYツアーでもありましたが、今回のツアーでもあるようです。

そして今日はフクロウの唄

メジャーデビューをしたけど、・・・・・・・・・なかなか良い成績が出なくって

とちょっと言葉つまり気味に話す馬場さん。

2月の大阪フェスのときも思ったけど、
「良い成績が出なくて」
って認めて、それを口に出して、それもたくさんの人の前で言うってすごいことだなぁと思う。

ここではアルバム「フクロウの唄」リマスター盤に挟んである制作ノートの
「フクロウの唄」リマスター盤の再発売に寄せて
に書いてあるようなお話を少し。

そして馬場さんの自主レーベル、UP ON THE ROOF RECORDSの由来になったGerry GoffinCarole KingUP ON THE ROOFの歌詞の説明も少し。

契約切られて、
もう自信なんかどこにもなくって、
心細かったであろう馬場さんが、
その会社名に託した想いみたなのを感じて、心がぎゅっとなった。

それと、UP ON THE ROOFの歌詞解説を聞いて、アルバムキャンディー工場青空だと思った。

なんかうまく説明できないし勝手な私の想像だけど、
UP ON THE ROOFに励まされ、気持ちを託した30代前半の馬場さんが、
その十何年も後にUP ON THE ROOF的世界観の歌で今度は私たちを励ましてくれてる。

30代前半の馬場さんにもしも会えるなら、
「将来馬場さんは自分の“UP ON THE ROOF”を歌うんだよ、
そしてそれに励まされたり癒されたりする人たちがたくさんいるよ」

って教えてあげたい…


…話が逸れた
コンサートの話に戻りまして。


その当時はレコーディングはハウススタジオで…なんて言ったりもしてたけど、
別にそんな大したものじゃなくて、普通に布団が敷いてあるとこで…

と馬場さん(笑)
おうちでひとりコツコツレコーディングしたっていうのはいろんなとこで読んで知ってたけど、
布団とかワードが出てくるとなんか一気に景色が浮かぶよね…

で、そんな不安定な心のときに作った歌だと紹介があって演奏へ。

10.怪物達の古戦場

実は、アルバムフクロウの唄の中では、最初は一番私になじまなかった曲。
何のことを歌ってるのか、どうにもこうにも消化できなくて。
でもあるとき、そういえばこれってインディーズの苦しかった頃に作ったアルバムだった!ということに気付き(遅いよ!)、そこからじわじわ気になる曲になって。
最後の「負けるもんか!」ほんとにかっこいいエンディング。
この言葉にはいろんなことを感じたり重ねたり。
それを目の前で聴けるなんて思ってもなかったよ


曲が終わり、そっとBABIさんはけた後、MY STORYコーナー

MY STORY企画の説明をした後、
「ME AND MY STORYツアーではとても紹介しきれなかったのでこのツアーでも少しずつ紹介したい」
ということで、1つエピソードを読んでくれました。
残念ながら(!?)ノー眼鏡で。笑

そして馬場さん一人の弾き語りで

11.私を必要としてくれる人がいます

進学や就職などでわりといろんな場所を転々とした私。
空になったアパートで泣いたことはないけど、泣きたい気持ちになったことはある。
この曲を聴くとガランとしたあの部屋を思い出します。
あと、この曲を贈りたいお母さんのこととか。
そんなことをいろいろ思い浮かべながら聴きました


次も未収録曲。

12.アスファルトに咲く花

ME AND MY STORYツアーで初めて聴いて、カッコイイと思った曲。
なにくそ!っていう気持ちを詰め込んだ泥臭い歌。好きだ~
音源化がほんとうに楽しみです


ここからエンディングにかけて盛り上がっていきます。

13.青春ラジオ

この曲も好き
この曲からだったかな、BABIさん12弦ギターに持ち替えて。
BABIさん大活躍


演奏終わって、馬場さんたっぷりためながら
「次は、、、ゥロッケンロールをやります」宣言。
ん!?どれだ!?と思っていたら、
「あれ、そんなんあったっけ!って?(笑)」
見透かされてます…
「あるよっ!って馬場さん。軽い。笑

って曲名発表したとたん盛り上がる会場。
私も嬉しい。ヤッター

14.汗(ミチ改め)~あの事件(ヤマ)越えて


BHC茶話会in金沢で初めてナマで聴いたこの曲。
茶話会のときは馬場さんのギター1本だったのでとってもシンプルでしたが、今日はなんといってもBABIさんが居てくれます
この曲も12弦ギターでサポート。
茶話会のときとは(当然ですが)音の厚みが違ってこれまたしびれますかっこいい

ちなみにこの曲は終演後にもらったセットリストには載ってませんでした(青春ラジオの次がスニーカードリーマーになってた)。
急遽やってくれたのかな、わーい



「いよいよ最後…の1つ前の曲です」と言って(笑)

15.スニーカードリーマー

相変わらず大サビの
スニーカードリ~~~~マ~~~~~~~~
ジャ!ジャ!ジャ!ジャ!ジャ!ジャ!
の6つ刻むとこかっこいい&気持ち良い
馬場さんBABIさんもアイコンタクトとりながらほんとに楽しそうに、気持ちよさそうに演奏。
EDのアルペジオも2人で向かい合って、ritかけながら終わっていく2人の息ぴったり感


そしてそして。
とうとう最後の曲です

「スローな曲に戻って、冷ましながら終わっていく(笑)」って馬場さん。
冷ますんだ。笑

最後は、ツアーのタイトルになっているI Have a Dream
日比谷野音でお話ししてくれたのと同じお話をここでも。
I Have a Dream。心の中で言ってみて、と。

16.I Have a Dream


馬場さんの優しく、語り掛けるような歌い方が好きです
この日も、とっても丁寧に歌ってくれました。


ここで本編終了。


アンコールでは馬場さんBABIさんツアーTシャツに着替えて登場です。

早速真ん中の丸椅子に座って、演奏しようと顔を上げた馬場さん、あることに気付く。
トイレの前で待っている方。

「あ、おトイレ待ちなの?」
と声をかけてくれる馬場さん。
なんて気さくなのそして「おトイレ」だなんて…お上品…笑

軽く口に手をあてて「どうしよ。」つぶやいたところで、
お客さんがみんなトイレの方を見るもんだから、トイレ待ちの方からやめてくれみたいなジェスチャーがあったのかな(私からはよく見えなかった)、馬場さんその辺汲み取って
「あ、あんまり注目を集めるなっていう…
うん、じゃぁまかせた!!」

と急に放り投げる(笑)
「中で手拍子していただいてもいいですし…笑」
ということで曲へ。


EN1.ボーイズ・オン・ザ・ラン

まさかここでBOTR来るとは
父の手前照れ臭かったこともあって、BOTRタオル持って行かなかったことが悔やまれます…

ここまで本編ずーっと座って聴いてたんですが、とうとう立ち上がるお客さん。
でもお客さん立つと後ろの方の人見えない…ということで、
馬場さん、途中から立ち上がって演奏してくれます。
立ち位置とスペースの問題で(?)、片膝を丸椅子にのっけて。
なんか数字の4みたいだった。笑(裏文字ですけども…)



しかし立つとマイクが遠い馬場さん、歌のない部分はまっすぐ立って、歌のある部分は屈んで歌ってました。
歌いにくそう…でもそこまでして見えるようにしてくれるなんて、どんだけいい人なの…

歌詞はちょこちょこ一嘉松阪に替えて歌ってくれる
一嘉出てくるたびに「えぇっ!?」な反応をするBABIさんかわいい
もう一嘉出てきすぎて一嘉まつり。笑
めっちゃ盛り上がりましたぁ


BOTR後、告知コーナーを挟んで(来年も三重公演ある!)、
とうとうほんとのほんとに最後の曲。


出会いや別れ、旅立ちとかいろんなことありますよね。
嬉しいけど寂しいこともあったり。
BABIさんも松阪を離れて…

とちょっとBABIさんに触れたけどうまく着地点が見つからず
それはもういいか、とうやむやに。笑

EN2.Good Luck

日比谷で聴けなかったGood Luck、嬉しい~~~
音源化まだだけど、ほんとう~~~に大好きな曲なんです。
私が就職決まって旅立つときに言ってほしかった言葉が詰まった曲。
馬場さんには泣かされてばっかりだ。。。

幸せあるようにと馬場さんからのメッセージ、最後に聴けてあったかい気持ちでいっぱいになりました
馬場さんありがとう~~~


最後、長ーーーいお辞儀をして、いよいよ終演。
終演はいつも寂しいけど、今日はなんだかお腹いっぱい
すごい満足感。
父と一緒にコンサート行けて、大好きな曲いっぱいで、ほんとうに素敵な夜だった




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




おまけ

ミサンガ
馬場さん、左手首にいろいろつけてますよね。
数珠みたいのとかバングル(あってる?)とか。
でも今回、それらの間からぴょろ~っとコンニチワしてる紐が見えました。
あれは…ツアーTシャツやトートバッグのポッケに入っているというミサンガでは
馬場さんもしてるんだねぇ


ハーモニカホルダー?
アンコール待ちの間、馬場さん用の水が置いてあるサイドテーブルの上に、
ハモニカホルダーぽいものが用意されてたのでラーメン来るかと思った。
ラーメン無いどころか、そもそもハモニカホルダー(?)使わず。
わりとフレキシブルに曲目変えてるのかな。汗も急に入ったぽいし。
それか、時間があればラーメンも入れてアンコール3曲だったのかな~などといろいろ想像。


車のナンバー
M'AXAへは実家から車で行ったんですが、M'AXAの駐車場に着いてみてびっくり。
停まってる車のナンバー、8関連率の高さよ
みんな、アツいぜ


Not 松坂 but 松阪
Twitterとかいろんなとこで見かけた「松坂」の文字。
じゃないのです。松なんです。
県民も間違えたりするので偉そうに言えたことではないんですが…
良かったら覚えてね☆ミ

あと、読み方はまつさかなんだけど、馬場さんまつかって言ってたような…???
聞き間違いかな。

もうちょい言うと、県民はまつさかじゃなくてまっつぁかって言います。
イントネーションは…いい例えが全然思いつかないんですが…
踏んだり蹴ったりの「蹴ったり」、にっちもさっちもの「にっちも」「さっちも」、と一緒です(松阪の人ごめん…

これ、どっかでBABIさんにばったり会うことがあれば、言ってみると「おぉぉーってなると思います。笑
(そもそもばったり会うなんてことがあるのか…)


ちなみにちなみに、松阪市民歌、BABIさん編曲です!!

『ライブ』 ジャンルのランキング
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2016.10.9 I HAVE A DREAM @... | トップ | 2016.10.16 I HAVE A DREAM ... »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
まっつぁかおつかれさまでした(笑) (ゆきまつ)
2016-10-14 22:38:23
馬場さん間違いなく「まつざか」って言うてた^^;
バビさんがどこかで突っ込むかなと思ったけど
そこは慎ましやかな三重県人(笑)
最後まで突っ込まなかったですねぇ(^^)

まっつぁかライブ終わってからずっと『ふくろうの唄』を聴いてます♪
古戦場の怪物達の最後の「負けるもんか」が心に響く~(^^)b
間違えたー (ゆきまつ)
2016-10-14 22:50:09
怪物達の古戦場でしたね^^;

「まつざか」よりひどいm(__)m
>ゆきまつさん (つき)
2016-10-23 18:59:53
やっぱり「まつざか」って言ってましたよね!?
私はいつ馬場さんが「まっつぁか」って言ってくれるかと期待してたんですが、BABIさん仕込んでくれなかったんですね~残念~(´3`)

怪物達の古戦場、覚えてくださいね!笑

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む