新しい暮らしのはじまりに

シンガーソングライター馬場俊英さんが好きです。馬場さんのコンサートなど覚えがき。

2016.10.9 I HAVE A DREAM @松阪M'AXA(前編)

2016年10月12日 | コンサート
馬場さん21年目、I HAVE A DREAMツアーの三重公演、行ってきました


もう~~~~~~~良かった…
良さしかなかった…


・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私の地元、実は三重なのです。
去年の47都道府県ツアーの三重公演では父から「ライブついでに帰省しないかい?」と言われたけどライブにも行かず帰省もできず
次に三重公演があるならできる限り万障繰り合わせて参加するぞと思っていたのです。

このI HAVE A DREAMの前のツアー、ME AND MY STORYツアーのどこぞの会場で、
・松阪はBABIさんの故郷
・I HAVE A DREAMツアーの三重公演はBABIさんのお友だちがやってるライブハウスでやる

ということを馬場さんが発表されたそうで…
そのせいなのかなんなのか、激戦だった様子の三重公演。
運よく私はチケット当選しまして、久々の帰省も兼ねて行ってくることができました

せっかくなら両親にもババソングを聴かせたくて。
けどチケット3枚は取れなかったので、父と。
去年振ったお詫びというわけじゃないけど、父と一緒にデート参戦してきました。


松阪M’AXA

私の実家は松阪市ではないけど、最近バイパス道路が整備されたおかげでスイスイ会場まで来れました。
なんと実家から車で15~20分だった…近


ここからはネタバレです!

I HAVE A DREAMツアーはまだまだ続きますので、ネタバレNGな方は回れ右してくださいね。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・





いつもの通り洋楽BGMがフェードアウト、会場暗転。
拍手の中、馬場さん、なんか元気よく飛び出してきました。笑

01.まぁるいハートを持ってきたかい?

イントロでハミングする馬場さんBABIさん。
最初、なんの曲かわかんなかったけど、歌が始まって歓喜。
この曲―
いつかコンサートの頭に歌ってくれないかな~まぁ無理か~と思ってた曲―
嬉しくて嬉しくて。
馬場さんBABIさんもリラックスした雰囲気。
素朴であたたかい、こじんまりとしたこの日のコンサートのスタートにほんとにぴったりでした

ドラムを叩いてくれよ~
のところでBABIさん一瞬パーカッション担当。


ギターのボディをトトトトトン!
こういう、"あるものでなんとかするパーカッション"、好きです。

一曲終わり、軽くチューニングして客席をじっと見る馬場さん。
何かしゃべるのかな?と会場が固唾を飲み(?)見守る中、
何事もなかったかのように2曲目へ(笑)

02.あのうた

ワァァァーヽ(;▽;)ノ
これも…っ!これも大好きな曲…!!
I HAVE A DREAMツアーではこれまであまり取り上げてこなかった曲もやりますよ、と馬場さんが言ってたから、いろんな曲やってくれるんだな~と期待はしてたけど…なんだこれ…今日すごい予感しかしない…

ちょっと切ない気分になる、それでいて優しい歌。
馬場さんの歌い方も素敵でした。丁寧に丁寧に、優しい歌声…


ここでMC。
「この3日間は東海地域を回らせてもらってるんだけど、昨日は………
(地名が思い出せなくてBABIさんを見る)
あ、浜松!浜松に行ってきました。」
既に昨日どこにいたかわかんなくなってる馬場さん(笑)
昨日のうちに三重移動でも良かったけどタメを作って(なんでやねーん!笑)名古屋に泊まったんだそう。
朝から近鉄特急に乗って松阪までやってきたとのこと。
で、その近鉄特急の冷房がガンガンに効いていたそうで…
「東南アジアの高級ホテルみたい」って。笑
「設定温度で言うと、19℃くらい!」
会場:へぇぇ~!(細か!わかるんかい!みたいな雰囲気。笑)
震えながら松阪までやってきたって言ってたけど、馬場さん大丈夫だったかな…スタッフさんやBABIさんも含めて皆さん風邪ひいてないといいな

で、松阪駅に降り立って。
松阪駅の感想は「シンプル」。笑
BABIさんも松阪駅使ってたの?などなどいろいろBABIさんに振るのでBABIさんもわりとしゃべる。
これは松阪だからなの?それともほかの会場でもそうなのかな。
私が参加するコンサートは大抵ひとり馬場さんだったり、誰かいても基本馬場さんしかしゃべらなかったので、なんか新鮮でした。
BABIさんの声たくさん聞けてなかなかに嬉しい

馬場さん、松阪M’AXAは今回が初めてだけど、憧れのアーティストさんもたくさん立ってきているライブハウスなんだそう。そこに立てて嬉しいと。
30代の頃からよく立たせてもらってるサムズアップっていうライブハウスがあるんだけど、そこに雰囲気が似てる、こういう雰囲気大好きとのこと。
心なしかテンション高め
地元(って言ってもM’AXAの存在知らなかったんだけど…)のライブハウスが大好きだと言ってもらえて私も嬉しい。

ここでミディアムテンポの歌を、ということで思い出のレストラン。
「昔の恋人に会いに行くという不穏な歌(笑)
でもそこは持ち前の爽やかさでそんな風にならなかった」
とのこと。
良かったら小さな手拍子を、と言って演奏スタート。
小さな、って(笑)

03.思い出のレストラン

これも大好きな曲~~~
アルバムLOVE SONGSではピアノが心地よいアレンジですが、この日は馬場さんBABIさんのツインギター。
ギター2本でもなんだか豪華なサウンドで、ギターの音に包まれる感じが良い

ちなみに、演奏始まって、それに合わせてみんなの手拍子始まったところで馬場さん「ありがとう!」って言ってた。
マイク外してたから声が聞こえたわけじゃなかったけど、口の形で
ほんとに律儀な人だよね…好き…



続いて、新生活応援キャンペーンの説明。

「2年…3年?2年前?から………3年前から…?2014年から!始めたんですが、
1年目が風になれ、
2年目が…………………
(客席から教えてもらって)旅エンピツ、
で、今年3年目がおはようございますの歌です。」


馬場さん…いろいろ大丈夫かな笑

今日は座ってるからいいけど、バンドではこんな風にやるんですよと
君がそこに~ ぴょんぴょん
と日比谷野音で披露したかわいらしいジャンプを説明してくれました
(跳んだのは立ってるBABIさんだけで、馬場さんは座ったままちょっとお尻を浮かす感じ)

あと、こういうのもあるということで間奏を弾きながら合いの手の紹介。

Good Communication~ Good Communication~
チャーツク・チャーツク・チャーツク・チャーツク
(と口に出しながらリズムをとる馬場さん)
Tu tu tu ru tu tu tu tu(フゥー!)

フゥー!はもう勝手知ったるヘッズのみんな、練習を待たず早速フゥー!に参加してました
「座ってるから今日はピョンピョンはできないけど、フゥー!はできるから良かったら…。」ということで
その後2回くらい?練習。
そしてフゥー!になんか照れる馬場さん。笑

フゥー!を入れたのは、これまで20年間やってきて入れたことがなかったから…
真面目にやってきたもんですから
、とのこと(笑)

04.おはようございますの歌
2番の5月10月の替え歌で。
楽しそうに歌う馬場さん
やっぱりこちらも楽しくなります
BABIさんはぴょんぴょんしてた。私も軽く椅子からお尻浮かしてみた。

続いて、

05.風の羽衣

これも好きなやつー
歌詞、しょっぱなからガツンとやられるんですよね。痛いけど聴きたい、みたいな。
オリジナルのアレンジはフルートが爽やかですが、ギター2本でやるのもなかなか
BABIさんのギターサウンドが豊かで、ギター2本だけなのに寂しくならないのがすごいと思った

ここで曲の解説コーナー
作者自ら説明するのも…という気持ちもあるけど、と言いつつ
結構ファンの方からあれはどういうこと?と聞かれるので…
と馬場さん。
ここまで聞いて、なんとなくラストショーかな?って。正解
私は音楽用語はそれなりに分かるし、わかんない部分はわかんなくてもなんとなく自分なりの解釈で聴けば良いやと思ってるので、別に解説してもらわなくても良かったんですが(笑)、馬場さんがどんなことを考え、どんな景色を思い浮かべて歌詞を書いたのか聴けるのはそれはそれで

スライドにラストショーの歌詞を映しながら馬場さんによる講義スタート。
…と思いきや、歌詞思いっきり隠しちゃう馬場さん。笑

「どこにいればいいの?」
と言ってステージ上をしばしウロウロした結果、最終的にキーボードの席に座って解説。

*曲のニュアンスに関する解説は第三者がするもんじゃないような気がするので(※個人の意見です)、ここには書かないでおきます。
気になる人はI HAVE A DREAMツアーへGO!笑

曲の解説終わって、「キーボード弾くわけじゃないんですよ…」とセンターの丸椅子へ戻る馬場さん。
そしてなんとBABIさんがそっとキーボードの席へ
えぇー!BABIさんキーボードも弾いちゃうの
曲が始まるまで手を膝に乗せて、キーボードの前にちょんと座るBABIさんが最高にかわいかったです。笑

06.ラストショー

メロディーが美しい曲ですよね。伸びやかなサビが好き。
歌詞ももちろん好き。切ないけど美しい歌詞だなって思います。
この曲も聴けて嬉しい


07.No.1

どうしても父と聴きたかった、父に聴いてほしかったNo.1
馬場さん歌ってくれると嬉しいなと思ってました。
なんとなく歌ってくれる気はしてたけど、嬉しい~~~嬉しいよ~~~~~
父はどんなことを思ったかな。
寡黙…と言えば聞こえが良いですが、とりあえず自分からはほとんどしゃべらない父。
そして感想とか聞いても、素直に言えないシャイ…じゃないな、へそ曲がりな父なので敢えて感想は聞きませんでした(コンサート全体の感想は聞いたけど。好評だったよ)。
でもいいんだ。父に聴かせられたことが満足です。
(CD出たら絶対贈る)

アレンジはBHCキャンプで馬場さんが言ってたみたいな、ジャジーな感じ?
ゆるい空気の漂う、素敵な空間でした


08.ミセス・ユー

久しぶりに聴く、ミセス・ユー。
これも大好きな曲なので嬉しい。
そしてこの日の馬場さんの歌い方、息遣い。せ…切ない…(;;)。
すごいものを聴いた…と思った。

曲終わってから、
若いころは若いころのパフォーマンスがあってそれも良いけど、
年をとってわかってきたっていうか、表現できるようになってくることもあって…

というような話をしていて、いつものごとくあんまりうまく説明できてない感じだったけど(笑)、
このミセス・ユーを聴いた後だからすごくよくわかった。

CDに収録されてるミセス・ユーももちろん良いけど、
今の馬場さんの、この歌い方でもう一回収録してほしいなと思わずにはいられませんでした。


そしていよいよ、馬場さんが馬場さんが今回のI HAVE A DREAMツアーで取り入れたASOBIコーナーです

昨日の浜松では会場からお題をもらって、馬場さんが即興で歌を作ったそうなんですが
「彼女の靴下を20年持ってるっていうひどい歌に…」
という発言。
なんだそれ!気になるーーー
「まあでもギリギリセーフで。」
ほんと…?ほんとにセーフだったの…?笑
最終的に、「お題が良くなかった」と総括する馬場さんでした(そしてそれを聞いて横でウケるBABIさん)。
ちなみに、お題は靴下だったようです。


今日のASOBIコーナーはスペシャルゲスト、BABIさんのお父さん!!!

割れんばかりの拍手の中、アルトサックスを首にかけて、上手からゆっくりとお父さん登場。
BABIさんとお父さん、ステージ上で握手。
それを見た馬場さん「写真写真!」と会場のどこかにいるであろうスタッフさんを探す。笑
優しい…記念だもんねぇ

BABIさんのお母さんから松阪牛入り(BABIさん曰く、「ちょっとだけ」)のコロッケを差しいれていただき、みんなで食べた話とか、和やかムード。
BABIさんから、「そのコロッケ屋さんは配達システムがあるんです」、という説明を受けて
「え、ヤクルトみたいなこと?」って聞き返す馬場さんがなんかツボでした。笑
なんでだよ!出前でしょうよ!笑

BABIさんが、いやいや、注文して…笑と訂正しつつ、
学校から帰って玄関にそれが置いてあったりすると「お!今夜は!」と思ったり。との発言。
え、ちょっと待って、玄関に置いてあるの!?
うわ~~~三重の田舎らしい
ウチのばあちゃんちも、鍵かけずにお墓参りとかちょっと買い物とかにでかけて、
帰ってくると味噌とか野菜とかが玄関に置いてあるんだよね…
びっくりして「ばあちゃん!?誰か来とるよ!?」とか言うと(そもそも鍵かかってないので誰だって入り放題なんですが)、
「あぁ、○○さんとこやろ」とか言ってね…。
配達頼んでて、無人の家に置いてってくれることもあるし、
近所の人が畑で採れた野菜とか置いてってくれることもあるっていう。
なんかBABIさんの「学校から帰って…」の説明で一気にいろんな風景が見えて楽しかったぁ

BABIさんのお父さんの話に戻り。
馬場さんが話を振るも、緊張しているというお父さん、ポンポンとは返事が返ってこない。
…のをハラハラ見守るBABIさん。
あんまり返事が返ってこないお父さんを見て馬場さん、
「僕みたいにペラペラしゃべらない方で…」
とフォロー。笑
もう~~~微笑ましいったら

そして馬場さんが「BABIさんはどんな子どもだったんですか?」と聞いたら
まさかの
「よく覚えてない…」
とのこと。笑
これには思わずずっこける馬場さんでした(関西風?笑)


で、ビッグバンドでアルトサックスを吹いているというお父さん。
I HAVE A DREAMツアー初日(@大阪城野音)の前夜祭でそれが発覚、急遽松阪M’AXAのステージに立ってもらうことに。
何の曲がいいですかね~?と馬場さんがBABIさんに相談したところ、
提案してもらったのが
ルイ・アームストロングさんのWhat a Wonderful World
えぇぇぇぇー
洋楽ほとんど知らず、好きな曲は十数曲くらいしか無い私ですが、
よりによってこの曲思い出深い曲なのです…これまた嬉しい…

馬場さんから少し歌詞の説明があって、
「お父さん、ちょっとさわりを…」
と言われてお父さんが音を出してくれる。


…プー



……そういうことじゃなくない………
一部のメロディ吹いてくれるかと思いきや、一音!!
「ほんとにちょっとだった…」と戸惑いつつ笑う馬場さんにつられて笑う会場。
ほっこり
とにかくBABIさんのお父さん、緊張されてたそうです。
そりゃそうですよね。遠慮もされてたんじゃないかなと思います。
そんなこんなしながら、演奏へ。BABIさんはキーボードです。

09.What a Wonderful World

BABIさんのお父さん、緊張してると言ってたので大丈夫かな…とややドキドキしましたが、いざ演奏始まってみたら全然!
華麗な指さばきでした。
会場は一気にムーディーな空間に。
ルイ・アームストロングさんの声とはまったく違う馬場さんの声ですが、
馬場さんの優しくて爽やかなWhat a Wonderful Worldもほんとうに素敵でした
また聴きたい。

演奏終わって、大きな拍手の中BABIさんともう一度握手を交わして退場されるBABIさんのお父さん。
お父さんはけたあと、BABIさん第一声

「緊張したぁぁぁ~~~~」

ですよね…(^^;)



・・・・・・・・・・・・・・・・・・



長いので一旦ここで切ります。
つづく!
『ライブ』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2016.9.19 20th ANNIVERSARY... | トップ | 2016.10.9 I HAVE A DREAM @... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
帰省おつかれさまでした(^^) (ゆきまつ)
2016-10-14 22:06:51
つきさんの親子での初参加のライブにバビさん親子の初共演やら『No.1』やら(曲も席も♪)
記憶に残るライブになりましたね~(*^^*)


今日ラジオでボブディランのノーベル賞受賞の話をしてたDJが「ボブディランはWe are the worldの『ブリッジ』のとこを歌ってた」って言ってて、馬場さんの「ラストショー」の解説を聞いてなかったら何のことか解らなかったなあと意外なところで感激をした今日でした(笑)

馬場さんありがとう~\(^^)/
って、voiceに書くべき話やね(笑)
>ゆきまつさん (つき)
2016-10-23 18:57:31
コメントありがとうございます^^

なんと!ボブ・ディランはブリッジ担当だったんですね~。
ちなみにブリッジ、私はずっとギターのブリッジのことだと思ってました。笑

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む