消費生活アドバイザーが食品表示をわかりにくく解説するブログ

消費生活アドバイザーが、食品表示を、妄想や推測、人から聞いた噂などを交えて、わかりにくく解説していきます。

ずるい健康食品

2017-07-13 21:15:45 | 表示に関する話題
機能性表示食品、というものが出来ましたね。
これまで所謂「健康食品」とされてきたものが、色々分類されてきました。
はい、非常にわかりにくいです。

もとより私は健康食品というものは購入しません。
なぜか。
高いから。
効果の程が疑わしいから。
体調が優れないなら病院へ行くか保健指導を受けた方が良いと思うから。

因みに私が宗教の勧誘を受けたときに「健康が心配だとか、家族の事が心配だとか、色々ご不安があると思います」としんみりインターホン越しに言う布教者に対し
「健康に心配があれば病院へ行きますのでご心配なく」と言った記憶がありますが、これは非常に正しいです。
どこぞのガンでお亡くなりになった方の旦那さんが怪しい宗教にはまって治療が遅れた、という疑惑がありますが。
正直治療がどうだったらどう、みたいなもしも論は言うつもりはないし、その人の事を知っている訳ではないので、その話の真偽は不明ですが。
少なくともそういうことを発想する人がいる、ということは、一定数「怪しげな宗教にはまったせいで治療が遅れた人がいた」という事があったのではないか?とも思えます。
また、先日「がんに効く!」と水素水を売ったスーパーの部長が逮捕されていましたが。
今まで小売り業の人が勝手に作ったPOPで逮捕に至るなど、あまり聞いたことがありませんでした。
多くは商品パッケージ、チラシ、パンフレットなどが薬事法(今は薬機法)に引っかかっても問題になっていましたし、「ガンに効く!」などというのは、ずいぶん昔に規制されて以来(アガリクスあたりですかね…)しばらく聞いていませんでした。
店頭POPなどはいざとなればはがしてしまえば何とかなるから、少しくらい大げさに書いてもOKみたいな話もありましたが、今回はやり過ぎたのか、それとも取締の範囲を広げたのか。
今まで野放しだったネットの動画CMなども手を入れていく予定のようですが。
健康食品も良いけど、原料原産地どうした??と謎に思いつつ。

消費者の関心は兎も角、原料原産地より健康食品の方が余程深刻な話題だと思います。
過剰な効能・効果を謳えば適切な治療を受けられず病気が悪化する可能性がある。
粗悪な成分・不足している成分・実際には健康被害を引き起こす成分が含まれる、など問題は山積みですが、消費者はメーカーが提示する情報を信じて選ぶしかない状態です。

薬事法違反か、健康増進法違反か、景品表示法違反で怒られていた健康食品メーカーが居ましたが、
機能性表示食品でもなければトクホでもない、そんななかでエビデンスを示して効能効果を謳って「事実なのになぜ、業界の委縮を産む」と申し開きをしていましたが。
エビデンスがあるなら機能性表示又はトクホの申請をしましょうね~というのが国の考えなので、ちょっと思い違いなのでは?と思います。

食品企業の中には、食品に関わる表示の法の書き方が緩いのを逆手に取ったつもりになって「私たちの方の解釈では」とドヤ顔で語りだす連中もいますが。
法の書き方が緩いのは政府が時と場合によって、法の条文を変えずに取締る為ですよ、多分、と思うのは私だけでしょうか。

国の審査が入るものではなく、企業の責任でエビデンスを揃える、というのは非常に危険だと思うんですよね。
これまでは「都合の良いデータを集めているのでは?」「反証の論文も出ている」「○○の危険性が報告されている」といった反論が期待されていたのが、企業側のみの情報収集になると、収賄どころか車内で適当に握り潰しが発生すると思うんですよね。
あと、どんなに情報が開示されても、その調査方法が「ビボです」「ビトロです」「シリコです」「ヒトです」「マウスです」からどうやって読み解けばいいのかわかる人が果たしているのか?
食品会社勤務でもADI知らない人がいるこんな世の中でポイズン。

というわけで、なんだかわけがわからないうえに高額な健康食品を買うよりは、医者にかかった方が良いでしょう。
医者にかかるのが面倒くさいからOTC医薬品を買う、という人もいるでしょうが、OTCの医薬品は比較的効果が緩和なものが多いです。
また、総合感冒薬のように、何にでも効くように作られているものも多く、ピンポイントでは効かない場合があります。
一番いいのは時間がかかるけれど、病院で診察を受けて単一の剤型のものをせいぜい数種出してもらうのが限界でしょうか。
あ、処方される医薬品でもPL顆粒のように総合感冒薬が混ざっているので注意してください。
あれは眠くなるうえ、凄く色々効くので、症状が色々で困っている人は良いですけど、のどだけなんですけどー、とか言う人には向いていません。

一日一粒食べれば一日持つ、という某漫画のアイテムみたいな健康食品がでたら高くても買いたいですが。
現状の何が何だかわからないうえ過剰摂取が心配な感じだったり、匂わせてるっていうかそのまんま効果みたいなことが書いてある健康食品を見ると、「ずるいよなぁ」という感想がひしひしわいてきます。
まぁ、いつ一網打尽にされるかわからないので、仕事にはあまりしたくないです…
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 米の産地偽装の続きのお話 | トップ |   

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。