高橋忠史・多系統萎縮症と生きる・唄い屋。 何気無く大切な一日が、かけがえ無く今日も過ぎてゆく

難病の多系統萎縮症に侵されても音楽を諦めない男のライヴ報告や日々の思い・命のメッセージ

今日は何にも無しの日

2016年12月28日 17時27分02秒 | Weblog
昨日病院から帰って夕方まで孫たちが一緒に遊んでくれた。
にぎやかな我が家族って感じで幸せでした。
今日は典子さんも仕事でいないので、何にもしない日。
とは言いながら、4週間ぶりに戻ったので、7時には玄関を出て足漕ぎ車椅子でいつものコースを回遊して一階踊り場へ、もう冬休みで子供達もお休みで静かなおやじ会議。
いつもは8時過ぎまでみんないるのに8時前に解散。
どうしちゃったんだろう。
ま、いいか。

病院でケアマネージャーさんが着てくれた時、持って行った歩行器が歩くのが危なっかしくなったので看護師さんが病院用の腕でも支えれる頑丈な歩行器に変えてくれていた。
この先歩けなくなる事があっても歩けるようになる事はありえないから、少しでも長く歩けるように
頑丈な歩行器に変えてもらえるように頼んでいたのだが、早速業者さんに頼んで昨日届けてくれていた。
朝は足漕ぎ車椅子でとレーニング、歩行器は車椅子と違う筋肉を使うので午後のトレーニングとして自分の棟のまわりを2度ほど回って試し歩きしてみた。
以前の歩行器よりだんぜん安定感がある。
少しずつ距離を延ばしていってファンタジー・ミステリー・ウォーキングツアーにつなげていこう。
JR守山駅から日本橋までは約480km、一日3km歩ければ160日で歩ける。
僕の誕生日は5月31日。
65歳になる。

病に侵されたからだなので何が起きるか分かりませんはっきりした到着日は間近にならないと決められませんが、65歳になった週を目指して歩こうと思います。
日本橋の手前の宿場は品川宿。
その間9kmだそうです。
最後の9km、みなさんと歩きたいです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« やっと帰りました | トップ | 帰って来ました、自転車遊歩... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事