高橋忠史・多系統萎縮症と生きる・唄い屋。 何気無く大切な一日が、かけがえ無く今日も過ぎてゆく

難病の多系統萎縮症に侵されても音楽を諦めない男のライヴ報告や日々の思い・命のメッセージ

千里の道も一歩から、いやその前に、靴を履く

2017年11月15日 12時10分54秒 | Weblog
極自然にと思っていたことが、当たり前に出来ると思っていたことが今、ほとんど出来なくなっている。
朝起きて何気無く起き出す事も当たり前に出来ていた頃には気付かなかったが、脳と神経と筋肉が正常に伝達しあい思ったとおりに筋肉が動くように神経経路を伝達物質が猛スピードで行ったり来たりして微動調整しプログラミングして、体調が変わっていてもいつもと同じように、当たり前に色んな動作をこなしてくれる。
日々脳が縮んでゆき神経経路が失われ、脳と神経と筋肉の伝達が出来なくなってくると、当たり前に極自然に出来ていた事が凄い事だったと思い知らされる。
毎朝起きてこの靴をはくまでが、立ってる事もままならぬ今の状況では、難儀な事だ。
靴を履いたら玄関から外に出て、足踏み車椅子か歩行器かをを選ぶだけ。
今日は、ライブも近づいてきているのでより負荷の多い歩行器を選んでアパート周りを歩く事にした。

足の感覚は薄れ、立っている事も出来辛くなってきたが、感覚がすべて失われた訳ではない。
うっすら残った感覚を頼りに、丸まってしまいがちな背を伸ばし凛々しく歩く事をイメージし、足を引き摺りながら散歩というトレーニングをした。

薬も無く治る見込みのない進行性の病気だからせめてリハビリで現状を少しでも維持していたい、すべてはライブの為だ、果たして身体を酷使することがいいのか悪いのかは分からないがチャレンジする気持ちを忘れたくないので間違っていても頑張るだけだ。

千里の道も一歩から、いやその前に、靴を履く所からかな。
 
………………………
   高橋忠史ライブ情報

12月2日
みんなでつくる音楽祭in小平

小平市中央公民館にて、様々な人が様々な所で、様々に演奏されます

高橋忠史の演奏はホールにて午後5時30分より10分間です。

小平市中央公民館は、西武多摩湖線線「青梅街道」駅下車、国分寺方面に歩いて2~3分の所にあります、

 ……………………………………………………………………………

高橋忠史のアルバム紹介

「東京」は音圧アップして 2000円(送料込み)
「証明~あかし」は音圧アップ&ミックスして 2000円(送料込み)

「ありがとう」ニューミックス2017年版   3000円(送料込み)
収録曲(1 ライブオンザハイウェイ 2 71億分の1の奇跡 3 もっと君と過ごしたい 4 着火 5 奇跡 6 花 7 すみれ 8 夕方 9 大切な人 9 見捨てないで欲しい 11 千の夢ひとつの愛 12 ランナー 13ピッピ)
「熟成」ニューミックス2017年版      3000円(送料込み)
収録曲(1壊れかけたギター 2電車の花道 3君住む街まで 4手 5風をつかまえて 6雪渡り 7七重の甍 8融和 9勝坂 10まつりばやし 11輩 12天流)
演奏から歌の録音まで、まったく一人きりでやりました。ミックスダウンも終わり音質が格段に物凄く良くなった。
「ベストミックス」15曲入り 3000円(送料込み)
僕が元気な頃録音しました。ギター一本の弾き語りですが大迫力です。高橋忠史を堪能下さい。


注文はメール(singsong@nippon.email.ne.jp)でCD名を書いて住所氏名をお知らせ下さい。
料金は下記セブン銀行の口座に振り込んで下さい。

これからの病気との闘いを助けてください。
余裕のある方だけ、もしよければブログの購読料として、みなさんの支援(カンパ)お願いできたら有難いです。
決して無理せず余裕のある方だけ、お願いします。
可能な限り今まで通り、ブログ書き続けますので読み続けて下さい。
読んでくれてる人が居てくれるだけで僕の生きる力になります。


セブン銀行  カーネーション支店
普通預金口座  0513518
高橋忠史

セブンイレブンでなくても銀行、郵貯、信用金庫、ネットバンクから振り込めます。
  ………………………………………………………………………

  ………………………………………………………………………………………
1870004
東京都小平市天神町2-15-2-203
  高橋忠史

高橋忠史のフェイスブック
https://www.facebook.com/tadashi.takahashi.7902
ホームページ音楽の森
  http://www.ne.jp/asahi/tadashi/singsong/
メールアドレス
  singsong@nippon.email.ne.jp
電話  090-8849-0907
コメント
この記事をはてなブックマークに追加