独断と偏見

日々の出来事

読みやすい

2017-09-14 00:47:29 | 日記
関ヶ原が映画化され話題になっているので読み出した司馬遼太郎の関ヶ原。

上巻を読み終えて思うことは


読みやすい。

登場人物の情報が整理されていて分かりやすい。

聞いた話ですが、司馬遼太郎が執筆している時は神田の古本屋さんから関係資料が無くなるとまで言われていたらしいです。

確かに、と納得できる情報量。


比べるに値しないのかもしれないが、

そのあとに読んだ放送大学の教科書が解りづらい。

今日のところは・・・。

おやすみなさい。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« お金とは | トップ | 予定では »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事