今日の一言

日々の生活の中で見つけた「なぜ・なに」について書いています。

German

2017-07-15 15:15:34 | Weblog
 ドイツ語で医学を学んだ父のカルテは全てドイツ語で書かれていました。そして旧医院の玄関上の耳鼻咽喉科医院の表記はドイツ語でした。日本においてドイツ語表記する医院はおそらく珍しいのではないかと思います。しかしそれが父の誇りでもありました。事ある毎に父はこのドイツ語について、自慢気に語っていたものです。

 当院は徳島大学に近いため、様々な国の留学生の患者さまが受診されます。特に欧州圏の出身の方は、このドイツ語表記にとても興味を持たれます。かつてドイツ人の学生さんが、このサインを見て当院に入って来られた事もあります。そのような父の強い思い入れが宿ったこのドイツ語を何とか保存したいと思い、設計士さんにお願いして特注の額に入れてオブジェに加工してもらいました。



 このオブジェは診察室の壁に架けられています。半世紀にわたる当院の長い歴史を知っているこのオブジェは、これからもずっと私を含めた当院のスタッフたち、そして当院へ通われる患者さまを見守ってくれる事と思います。

 な
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 光の演出 | トップ | たけだ »