いくえしれず

気持ちの感じるままに どこにいくのやら

桑名市水郷花火大会

2017-07-29 | おでかけ
去年は近所の歩道橋から眺めてた桑名市の大きな花火大会、『水郷花火大会』。
今年はお義母さんが抽選やら寄付やらで確保できる観覧席の一角を獲ってくれたので
大人4人と子供達で遮る物の無い堤防沿いのベストポジションから鑑賞できることに。

始まる2時間ほど前から既にすごい人混みと、川には鑑賞用のボートが何艘か。
夕方5時半から交通規制で車両禁止になる周辺には、すでに屋台が所狭しと何十㍍にも
渡り列をなし、そこに早い時間から群がる人達、場所取りでもう疲れて寝てる人達、
設置された仮設トイレに並ぶ人達の姿が。近くのスーパーや学校などは、駐車場として
無料開放している所もあれば、駅周辺駐車場のように金額を設定していても満車状態。
大人から子供まで、桑名市民(近隣市街の人)が1年に一度、この花火大会を楽しみに
盛り上がってるのがその熱気から十分に伝わってきました。我が子らも若干興奮気味。

一旦場所を確保して近所に夕食を食べにでかけ、のんびり歩きながら時間ぴったりに戻ると
子供達が「トイレ~、うんち~」…あるある;すぐ目の前で打ち上げられる美しい花火を
バックに子供達のトイレに汗だくになり、最初は雰囲気もへったくれもありませんでした(笑)。
が、それが落ち着き戻って改めて間近に見られる壮大な花火を見上げていると…

美しい!しだれ柳のように降り注ぐ豪華な光がすぐ目の前で手が届く錯覚を覚えました。

各企業提供の花火が説明と共に打ち上げられていく中、一番豪華だったのが『NTN』さん。
桑名市では毎年ココの花火が一番派手で歓声が上がる見事な花火というのは有名な話。
音楽と共に打ち上げられる花火プログラムは見事に美しくそれでいて力強く豪華絢爛。
特に2018年に創業100周年を迎えるという事で、今年はいつにも増して凄かったです。

花火の美しさや大きさはもちろん、数も多く、最後にはこれでもか!というぐらいの花火が
打ち上がり、一瞬「余った花火全部あげてるんじゃないの!?」と冗談でも思ってしまうほど。
それほど本当に感動で見入ってしまうし、拍手喝采せずにはいられない完成度でした。
最後の花火は2尺玉が豪華に何発も打ち上がり、光のシャワーが眩しく輝いてました。
この醍醐味は近くで見ないと味わえません。
色や光、花火の開き具合はもちろん、地響きのように大きく胸に響く音は最高!
一度これを体験してしまうと、もう遠目からでは満足できないと思ってしまう。
きっとこの感動を求めて毎年、人混みを覚悟で皆、鑑賞に来るんだろうなと納得。

小さい物から大きな花火まで、色とりどりの形、形状の花火に魅了されっぱなしの、
あっという間の1時間半。ちなみに子供達はというと、長男は花火が大好きなので常に
「うぉー!すげー!!」と大声で興奮し、次男は2尺玉のような大玉花火には、その音の
大きさに最初は怖がってずっと耳を塞ぎ見もせず「もう終わり?」の繰り返し。
最後には耳を塞ぎながらも花火の美しさに見入ってたみたいだけど大変でした。
ただ帰り道では「楽しかった」と来年も行きたい様子だったのでよかったです。
怖がっててもやっぱり綺麗で魅了される物、すごい迫力の物は分かるようです。
今年は風も感じる事ができ、熱気の割に涼しさもある最高の花火大会となりました。
機会があればまた来年も絶対に見に来たいです。お義母さんありがとうございます。
ちなみに帰りは予想通り渋滞に巻き込まれ会場から自宅まで、いつもは15分程で着く所1時間半…まぁいい方です(笑)。
『イベント』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 親子で楽しく食育教室 | トップ | 台湾料理 味加 ~桑名市~ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

おでかけ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。