バッテン長崎の人

長崎の良いところ発信、植物観察、旅日記、日々感じること、自分での新発見、写真付きで日記や趣味を書く

遠き故郷を思う

2017-10-10 00:34:10 | 思い出

最近、良くとうき故郷を思う。
水車がコットンコットンとお米付く音が聞こえる。ピンク色のレンゲソウが
黄色い、菜の花が延々と続く春の楽園。大きい川に鮎が泳いでる。
時に川に入り、皆と遊ぶ。
お腹が空くと川海老をとりて、
味噌で煮て食べる。川海老の小さいのを餌にして、よくキス釣りに行った、
その頃のキスはひじたたきの大きさ、
私は、釣りと、言えば60年間、キスを
追い続けた。キスのあたりは、何とも言えない、心地よさがあった。
おんのめ(追い炎)は。私には壮大な
祭りごとであった。高さ20m位のクリスマスツリーの形をした物を二ヶ所作り、我らは二班別れ、夜中、村の長の
合図を寝ずにまち、合図を機に一斉に
そのツリーに向かって走り出す。
先にツリーに火を着けた方の勝ち、それでその年の豊年万作を祈る祭り。
流鏑馬もあった。田舎の色んな事が
懐かしく思い出され、最近、遠い昔が
私の宝の様に成っている。あの頃に戻れない悲しさだけが心ふるわせる。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ここに我が娘あり | トップ | 長崎の市花紫陽花 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

思い出」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。