バッテン長崎の人

長崎の良いところ発信、植物観察、旅日記、日々感じること、自分での新発見、写真付きで日記や趣味を書く

鎖国時代の長崎は

2016-11-26 02:29:59 | 長崎物語

日本が鎖国時代唯一長崎は開港を許されていましたが、歴史上色んな事が長崎ではあっただろうことは想像にかたくない。色んな国の人々が長崎にこぞった。中国人、オランダ人、ロシア人、イギリス人、そのた色んな国の人々が長崎に来ていた。日本の国としては良い事があっただろうことは間違いない、長崎奉行所が振り分けしたかは分からないが、外国人の住む村を国毎に分けていたように思います。稲佐外人墓地、坂本外人墓地とか、国毎に墓地が散在しています。墓地は現存しています。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 長崎の地形はすり鉢状、それ... | トップ | 鎖国時代の長崎の悲しみ。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。