バッテン長崎の人

長崎の良いところ発信、植物観察、旅日記、日々感じること、自分での新発見、写真付きで日記や趣味を書く

廃屋がまたあった。

2016-11-08 02:24:09 | 長崎物語

茂木街道沿って川が流れている。正覚寺下の方では、染め物屋さんがこの川をよく利用していたようだ。川を良く見ると、その跡がみえる。今は川が、の水が水質悪くなって利用してない、この川の周辺は江戸から明治にかけては各緒大名の隠れ家があって、そのころは日本は鎖国時代で、長崎だけが世界に門を開くの許されてぃたから、日本は金持ち大名が、鉄砲や火薬の買い出しに、密輸の様な事やり、性奴隷や
日本の情報収集、坂本龍馬はお茶や、陶芸を買い集めた。川の話からそれた みたいですが、 川の上流には、あっ
時間が、無くなったあとはまたの日
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« オランダ式側溝ですね。 | トップ | こんな晴れた日に! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

長崎物語」カテゴリの最新記事