ペンギンのひとりごと。

とにかく何事にも好奇心旺盛なペンギンのひとりごと。

ゴールデンウィーク翌週の箱根も結構な混雑。

2017-05-14 20:26:56 | 箱根
●あちこちのツツジが見頃。

時の過ぎるのは早いもので、沖縄・奄美地方は梅雨入りしたようだ。
我が関東地方もこのところ気温は高いものの、曇りがちの日が多い。

そんな折、恒例のツレの誕生日を祝うため箱根に出かけた。
誕生日は、本当はゴールデンウィーク初日なのだが、
混雑と高額な宿泊料を避け、2週間ずらしたのだ。

さらに、パレスホテルは老朽化のため来年1月で閉館ということで、
その後どうなってしまうかを確かめたい気持ちもあった。

出発日の土曜はあいにくの雨。
小田急新宿駅のロマンスカーホームはかなり空いていた。

今回の往路は12時10分発のLSEで、座席はいつものように車両最後尾を事前予約。
LSEは一両の全長が短く収容人数が少ないのだが、乗客は半分もおらず、
ゆったり寛ぐことができた。

いつものように多摩川を渡るとともにシウマイ弁当弁を食べ始め、
町田を過ぎる頃完食。
その後はウトウトしてるうちに箱根湯本に到着。

湯本のホームも閑散としており、登山電車を待つ人の行列もなし。

ああ、やっぱり空いてるねえ。

いつものように喫茶ベルで一服。
こちらもガラガラ。

しかし、桃源台行きのバス停にはかなりの行列があり、
小田原発のバスを一本見送り始発に乗車。
このバスもほぼ満員になった。

駅は空いているのにバスは混んでるんだねえ。

道は空いていてバスはスムーズに進み、
ガラスの森美術館で5,6名が下車、
仙石で中国人が6名ほど下車、
さらに星の王子様、仙郷楼前でも数名が下車し、ようやく車内が空いた。

天気が良ければガラスの森に寄りたかったけど、
この天気じゃねえ。

私たちのようにゴールデンウィークを避けてきた人も結構いるのかなあ。

40分後、いつものパレスホテルに到着。
笑顔のスタッフが傘を傘袋に入れてくれた。

フロントにはチェックインの客が他に2組と、
こちらも混んでいそうだった。

閉館の件を尋ねると新しい建物を設計中とのこと。
数年後は高級路線にシフトするらしく、
価格によってはもう来られないかもしれない。

部屋は5階の角部屋で晴れて入れば富士山が見えるはずだが、
残念ながら雨のため何も見えず。

いつもならおんせーんと行きたいところだが、
このところの多忙さで疲労困憊のため、
夕食までお昼寝。

夕食は誕生日恒例、2階のレストランでフレンチ。
鉄板焼きコーナーは満員だった。
食事の最後には誕生日のケーキをいただき大感激。

翌朝は晴れて富士山を拝むことができた。

昨日は雨で景色がよく見られなかったが、
パレスホテルの庭園にはツツジが見事に咲いており、
帰路、湯本までの道中でもあちこちでツツジを見ることができた。

ツレの遅めの誕生日をまた定宿のパレスホテルで祝うことができたが、
来年1月以降はどうしようかと新たな心配が生まれたプチバカンスでした。










『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今年のハワイはハワイアン航... | トップ | 季節外れの猛暑の中、久々に... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL