心の底から

ありがとう

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

緩和ケア 痛みを和らげるだけ

2016年11月26日 | 1月19日 この日を最後に

おとうさん

昨年12月 胃カメラの検査をしましたね。

検査の目的は、食道に静脈瘤があるので

そのための検査です。

静脈瘤は

A→B→Cとあれば、Bの段階で

それに関しては治療をしないと言うことでした。

 

肝臓癌に関しても治療はしないと言うことで

抗ガン剤の治療は、肝臓に影響を与えるとの事でした。

 

今後の治療は、来年になれば

痛みが出るでしょうから

緩和ケアをすると言うことでした。

 

帰宅して今の状況をどのように考えている?

そう聞くと

 「 2年位 ( 命は ) かな 」 と 言う おとうさんでした。

 

おとうさんは、昨年12月入院してから

医師から 余命 4 ヶ月 と宣告されてたんですね。

腹を割って話し合える A 様の励ましの

言葉もあり気丈に振る舞ってました。

 

おとうさん

実は、私は 余命1ケ月 と医師から言われてたんですよ。

現実の言葉とは思えず

入院してからも、おとうさんに

「 医者の言葉をまともに聞いてると

命がいくつあっても足りない

だから気にせずにおこう 」

そう励ましたのです。

 

 

 

ジャンル:
我が家
コメント   この記事についてブログを書く
« ありがとう は 人間関係の絆 | トップ | 得意なものがあれば 生きてゆ... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。